入り口に立っていたのは、若い、茶色のラブラドール・レトリーバーでした。

――あっ……!

二人は声にならない声をあげました。

「すいません……、兄…クロ いますか?」

茶色いレトリーバーが言いました。

「あっ、あっ、ここに。けっこう飲んでるよ」

「すいません……。帰りが遅いので、迎えにきました」

チョコちゃんがぺこりと頭を下げました。

「クロちゃん、クロちゃん。迎えに来たよ。一緒に帰ろう。
ご主人様も待っているよ」

それから、お勘定お願いします、とカウンターに向かって言うと、
二人には、「ここは、兄が……。いつも兄がお世話になってます」と、自分のポシェットから、財布を取り出して、ささっと支払いを済ませてしまいました。
場慣れしている、とでもいうのでしょうか。
それはもう、洗練されているのです。
きっと、オシャレなドッグカフェに出入りしてきた犬なのでしょう。

ぐでんぐでんになったクロちゃんを、チョコちゃんが背負いました。

「クロちゃんてば、こんなになるまで飲んじゃって。
明日、二日酔いで、頭痛くなっちゃうよ」

そう諭すチョコちゃん。クロちゃんは、うるせぇと言いながらも、
体はしっかりチョコちゃんに寄りかかっています。

クロちゃんとチョコちゃんがバタバタと出て行ったあと、
残された二人は、ほぅっとため息をつきました。
「……帰ろうか」
ゴロウちゃんが言いました。
「……そうだね」
シロちゃんが答えました。
お店の人が、残ったおつまみを、折詰に入れて持たせてくれました。

半月の夜でした。

――兄弟かぁ。兄弟のことなんて、考えたこともなかったなぁ。
イヤなこともあるのかもしれないけど。でも、ちょっとうらやましいな。

ゲソ唐揚の入った折詰をぶらぶら下げながら、
シロちゃんは思うのでした。


次へ

目次