目次に戻る


2004.10.31(日)

お別れ会

ダンナ出勤。
保育園の友達の一人が引っ越しをすることになり、別の一人の家で、お別れ会を開く。
幼児が10人近くも集まると、阿鼻叫喚の騒ぎだった。
あきらは、ケンカもしたが、まあまあ楽しかった様子。

それにしても、この三日間は、子供イベント三昧だったなぁ。
集まったママさんたちに、「冷え性がきついので、養命酒ばかり飲んでいる」と話すと、「糖尿病になる」と、みんなこぞって反対していた。

明日には、風呂工事が終わる予定。

2004.10.30(土)

お祭りでした

終日、保育園のお祭りで、ヘリウムガス風船をふくらませていた。
派手な音でガスが入るので、ちょっとしたパフォーマンスである。子供たちが喜んでくれるので、いい気分だった。

##

夜、家族3人でスーパー銭湯に行き、保育園の保母さんと会う。先週は、イトーヨーカドーの食堂街で、違う保母さんと会ったのだった。生活感あふれるところでばかり会うので、恥ずかしい。

2004.10.29(金)

ブログってどうなんでしょうか

30日にある、保育園のお祭りの準備。
バザーの品を並べたり、ゲームの準備をしたり。

##

ホームページビルダーの転送ソフトが壊れてしまった。なかなか転送できないので、サーバーが悪いのか、と問い合わせてみたりと、結構焦った。
今のところ、FFFTPで転送しているが、この機に、巷で話題のブログにしてみようか、考え中。
でも、コメントが全然ないと、気持ちが冷え冷えとしてくるんですよね……。

2004.10.28(木)

一段落

10月の上旬からかかっていた、修行のような原稿仕事がやっと終わった。

今日も、風呂工事。

2004.10.27(水)

立ち蕎麦屋

仕事で新宿→秋葉原。
辻堂駅の立ち食い蕎麦で、電車が来るまでの間に、慌てて鮭いくら丼食べた。食べながら、あきらのことを思い出した。彼はいくらが大好きなのだ。一粒一粒、舌の上で潰しながら食べるのである。
それにしても、駅の立ち蕎麦屋は、背広のおじさんばかりでコミコミであった。電車に間に合わなくなるかと思うほどだった。有楽町駅とか新橋駅とかならともかく、ひなびた辻堂なぞで、昼間からおじさんたちはみんな何をしているんだろう。

2004.10.26(火)

スーパー銭湯

今日は、あきらと一緒に、車で20分ほどのところにある、スーパー銭湯に行ってみたのだが、平日だというのに、めちゃくちゃ混んでいた。大人600円、子供300円。100円で会員になると、それぞれ50円ずつ安くなる。

お風呂では、潜水するやつ、クロールするやつ、いろいろである。そして、趣味がサウナという中年の女がかならずいる。全身こんがりと日焼していて、贅肉がまったくなくて、見ていると、サウナばかり入っている。ストイックなほどだ。長い茶色い髪の毛をタオルで包んで、モスクの屋根みたいに、こんもり盛り上げていて、金のアンクレットをしていたりする。私は、こういう女の人に出会うと、いつも、古代エジプトの召使を連想してしまう。

##

ダンナ 連日帰宅せず。
子どもと二人だけだと思うと、晩ご飯が、限りなくお粗末になっていく。

2004.10.25(月)

養命酒はいいようです

オンボロわが家のお風呂が壊れて、今日から修繕工事が始まった。1週間、お風呂が使えないらしい。困ったことであるよ。

左官屋さんが、ガンガン コンクリートを叩き割っている扉一枚隔てて、引き続き原稿書き。

##

冷え性がひどいので、しばらく前から養命酒を飲んでいるのだが、なんだか調子がいいようだ。体の芯から冷える感じが減ってきた。藤田まことの言うことに、やっぱり間違いはなかった。久しぶりに明るい兆しである。乙女座にも、少し運が向いてきたか。

2004.10.24(日)

ダラダラ日曜日でした

一日中、家でごろごろしていた。

週末にある、保育園のお祭りで使う看板をつくる(役員をやっているので)。余ったダンボールで、あきらに電車のおもちゃもつくってやる。

##

そろそろ寒くなってきたので、衣替え。それから、押し入れからホットカーペットも出した。しかし、ストーブは昨冬の終わり、一酸化炭素を撒き散らした末に壊れてしまったので、まだ用意できていないのだった。
夕方、ヤマダ電機とダイクマとイトーヨーカドーという、黄金の三角スポットをめぐり、暖房器具を物色する。

ヨーカドーの食料品売り場では、レタスが1個500円、大根が1本300円ほどもするので、何も買う気が起きない。

2004.10.23(土)

地震があった

ダンナ 仕事で「World PC Expo」。

あきらを連れて久しぶりに小児科に行くと、「ちゃんと(喘息の)吸入をするように」と叱られたので、少ししょげる。その後、天気もいいので、二人で海浜公園に行き、自転車の練習。

7時から「ドラえもん」スペシャルを見ようとしたらば、新潟で大変な地震が起きて、全部ニュース番組になっていた。震度6強らしい。台風災害といい、天変地異が多い年だ。

##

ダンナが、Expoでコンパニオンのお姉さんたちに配ったのと同じチョコレートをもらって帰ってきた。1粒1000円ばかしするらしい。この日本にも、バブルな話はまだ残っていたのだなぁ。食べてみたが、高級チョコレートらしい味がした。

2004.10.22(金)

終わりません

家にこもって、一日原稿仕事。なかなか思うように捗らず、焦る。
焦るが、7時からの「ドラえもん」は見る。

2004.10.21(木)

御茶ノ水駅より

朝から、東京医科歯科大学病院。歯を診てもらいに、茅ヶ崎くんだりから、上京してみた。
3時間かかって、1枚レントゲンを撮り、1枚紹介状を書いてもらって、やっと解放される。

御茶ノ水駅橋から、聖橋を見る。この景色は、マイ・トーキョー・ベスト・ビューの10指に入るくらい好きだ。特に、聖橋の下を丸の内線がチラリと横切り、ちょうど、駅に総武線が止まっていると素適なのだ。昔の丸の内線は真っ赤だったので、川面によく映えた。

御茶ノ水駅前で、吉野家のカレー丼を食べようか、それとも、日高屋のラーメンにしようか、かなり悩んで、結局ラーメンにした。490円也。店内では、ジーパン姿のおじさんが、求職雑誌を読んでいる。なぜか、ウエイトレスのお姉さんがしきりにニコニコ笑いかけてきて、ちょっとうれしいような恥ずかしいような気持ちになる。

その後、渋谷で編集仕事。
あきらに、『どんぐり』という科学絵本を買って帰る。どんぐりがどのようにして、分布していくかという話であった。

##

台風のニュースにまぎれて、テレビでは、茅ヶ崎市の自称ミュージシャンが、相模川の河川敷で、大麻を栽培したとかで逮捕されたことを伝えていた。
茅ヶ崎 & 自称ミュージシャン & 大麻が、いかにもいかにもで、ちょっとアイタタタタ、という感じであった。それにしても、河川敷で大麻を栽培するなんて、大胆というか、なんというか。

2004.10.20(水)

台風

台風23号で、もうたいへんな騒ぎになっている。
保育園から迎えにくるよう電話あり、2時ごろに行く。
近所の中学校にも避難所が設けられた。ロウソクを買って、懐中電灯を用意。
停電する前に、あきらの吸入と食器洗い機を済ませる。

##

台風ニュースにも飽きたので、『水10』みる。
叶美香のプラスチックのようなおっぱいに、家族でくぎ付けになる。

2004.10.19(火)

税金

矢島先生宅。

家に帰ると、自動車税の請求書が届いていた(車検証の住所を変えていなかったので、埼玉に回っていたらしい)。
コンビニで、その自動車税と、ダンナの市民税、私の国民健康保険料、国民年金をまとめて払い、すっきり。

明日の遠足は、台風のため中止になってしまった。

2004.10.18(月)

2の日

焦って、ブリブリ仕事。

乙女座仲間のYさんからメールもらう。
ジョナサン・ケイナーの星占いについて、ひとくさり話す。
星占いによると、どうやら私は経済的に思い切った行動に出たらしいのだが、全然こころあたりがないのだ。正直なところ、ここまで当たらない占いというのも珍しい。

##

夕方、20日の遠足用のお菓子やプチトマトを買いに、ジャスコに行く。
コージーコーナーのワッフルが売り切れていたので、がっかり。

今日は、2の日。

2004.10.17(日)

子牛

久しぶりに東戸塚の肥田牧場に行ったらば、ダンナが気に入っていた子牛がいない。
どうしたかと、たまたまそばにいた牧場の人に聞いたらば、「あれは、オスだったから、よそにやった。きっと、子牛のステーキとかになっているころだ」ということだった。スカーレット・ヨハンソンに似ていたので、勝手に「スカーレット」という名前をつけていたのだが、男の子だったのか。
ダンナは、そのちょっと前に、松屋の牛丼を食べたばかりだったので、微妙な顔をしていた。

2004.10.16(土)

クレヨンしんちゃん

ダンナ出勤。あきらと二人でちんまり過ごす。
夜、「クレヨンしんちゃん」と「あたしんち」を見る。「クレヨンしんちゃん」はあれだけデッサンが狂っているのに、ちゃんと人の顔だと認識できる。人間の脳のスゴイところだなぁなどと冷静に思う。

2004.10.15(金)

8日ぶりの晴れ

久しぶりの快晴で、富士山がよく見えた。
こんな日は、あきらと二人で過ごすのもいいなぁと保育園を休ませ、近所を散歩。
湘南名物のミンチカツ(工藤静香と木村拓也も買ったというやつ)2つ買う。さらに、コンビニで大入り肉まんと普通の肉まんを買い、踏み切りまで電車を見に行く。

##

家に帰って昼寝をしていると、またしても不動産屋がやって来た!
こういっては何だが、どうでもいいような書類を、わざわざ届けに来るのである。
もうええっちゅうのっ! と思ったが、もちろん口に出しては言わなかった。

##

夜、イトーヨーカドーにクーピーの黒・赤・黄色・青・緑と、A4コピー用紙を買いに行く。
戻ると、少し前に見限ったT歯科から電話が入っていたようだった。
気が弱い私なので、「ちっともよくならないから、S歯科に移った」とも言えなかっただろうし、留守にしていてよかったと思った。

2004.10.14(木)

まだ歯が痛いのです

仕事で四谷→渋谷。
駅ビルのアトレで、イラストレーターのAさんと納品がてら食事。
歯が痛いので、柔らかいものしか食べられない。涙。固焼き煎餅とか見ただけでも、気が滅入る。年寄りの気持ちがよくわかった。
ちょうどいま、武田百合子『ことばの食卓』で、歯のない(百合子さんの)夫が、歯茎だけで枇杷を食べるシーンがあり、いたく共感した。

##

夜、またしても不動産屋が来て、けっこうびびる。
ここには書いていなかったが、実は一昨日も雨の中をやって来たのだった。

2004.10.13(水)

歯が痛いです

今日も歯医者に行くが、相変わらず痛い。
痛み止めを飲みながら、原稿書きの一日。
真面目に通っているのに、ぜんぜん治らないばかりか、ますます痛くなり、絶望的な気分になる。歯医者にお願いしてもムダなようので、神様に助けてくれるようお願いする。

2004.10.12(火)

ネット発の本

今日も雨。
あきらを休ませて、二人でのんびり過ごした。

##

アマゾンから、武田百合子『ことばの食卓』、親野智可等『「親力」で決まる! 子どもを伸ばすために親にできること』が届く。
後者は、友人の編集者Kさんが編集した本で、メルマガから話題となって単行本化となったもの。著者は、現役の小学校教諭で、「トイレに地図を貼ろう」とか、私好みな具体的アイデアがいろいろ載っている。巻末にある、重松清氏との対談もおもしろい。こういうネット発の本が、これからはどんどん増えていくんだろうなぁと思う。タイトルは少々挑発的ですが、中身はとても良心的な内容で、お勧めです。
子どもを持つ人には、ぜひ読んでもらいたい。

##

夜、ふと気がむいて、残り布で、あきらの弁当袋とお財布をチクチク手縫いしてみた。
やってみたら、大して難しくもなく、「こういうことが自分にもできたんだ!」と新しい発見だった。

2004.10.11(月)

連休3日目

不動産屋さんに案内されて、藤沢近辺の不動産物件めぐり。

夕方には、あきらを江ノ電に乗せてやりに行く。
途中下車しながら鎌倉まで行き、JR横須賀線で戻ってきた。

##

夜の9時すぎ、雨の中を、今日の不動産屋の営業さんが自宅までやってきて、たいそうびっくりした。
すごい押しの強さである。
こんなの、テレビドラマの中だけの話だと思っていた。


2004.10.10(日)

連休2日目

台風一過の秋晴れを予想していたら、今日も雨だった。

金魚用のフィルターを買いにOlympicまで行き、ついでに生活のこまごましたものを買う。
イトーヨーカドーで、食料品を調達。

夜、自宅の駐車場でタヌキに遭遇する。

2004.10.09(土)

篭城

3連休初日だが、台風22号のため、家で篭城。
テレビでは、各地の台風被害を映している。
新幹線もロマンスカーもスーパーひたちもスーパーあずさも止まった。
土砂崩れで家が埋まって、床上浸水の家がいっぱい出た。
異常気象と地震ばかりの変な年だ。

2004.10.08(金)

初パーティ

台風22号が近づいているらしい。雨の一日。

あきらは、同じ保育園のYちゃんから、お誕生日パーティに呼ばれて行ってきたが、とても楽しかったらしい。
「今日は、ほんとにいい日だったなぁ」というのを聞いて、うれしいやら、ありがたいやら。
5段階評価で5の日。

##

金魚の様子がおかしいので、あわてて水替えと、薬浴。
しばらく絶食させることにする。

2004.10.07(木)

今日も肉まんデーでした

仕事で代官山→渋谷コースの日。
その前に、渋谷のダンナと一緒にランチでもしようかという話になっていたのだが、行き違いがあって会えなかった。なので、今日も、また肉まん(正確には、キーマカレーまん)を買って、公園のベンチにひとり座って食べた。どうもローソンの肉まんは具が少ないような気がする。

さて、いつもは代官山駅からデザイン事務所に行くのだが、今日は、そんなわけで渋谷駅から歩くことにした。そうしたら、またしても四次元の世界に迷い込んでしまったらしく、渋谷からたかが代官山まで行くのに、1時間近くもかかってしまった。
渋谷の住宅街というのは、ひとつひとつの家が大きい。
113坪6SLDKの中古戸建のチラシが電信柱に張ってある。「へえー!2262万円かあ、代官山なのに安いなぁ!」と思ってよく見たら、22620万円の間違いだった。



2004.10.06(水)

とりとめもなく

久しぶりにやじま先生宅。
乙女座がこの9月、めちゃくちゃダメだったということで意見が一致。

ほかには、
保育園のバザーの品に値札をつける手伝いをし、ヘリウムガス風船をネットで注文。
包丁を研ぎに出し、歯医者に行く。
ドラッグストア2件はしごし、トイレット・ペーパーやシャンプーを買う。

2004.10.05(火)

くつ下

これで3日連続の雨。

打ち合わせで渋谷に行き、今日は肉まんを食べそびれた。

悩んだ末にくつ下2足買う。1足はブランドもので、もう1足はめちゃくちゃ安いやつ。
めちゃ安のくつ下を家に帰って履いてみると、これまためちゃくちゃ履き心地が悪かった。全体的にきつくて、特に足首のところが圧迫されて、血が通らない感じがする。
くつ下ごときにも、履き心地があるということを初めて知った。
しょうがないので、クリスマス用のくつ下にしようと思う。

2004.10.04(月)

肉まんの季節です

冷たい雨の一日。
昼ご飯はカレー肉まん。肉まんのおいしい季節になったなぁ。
そういえば、最近、一日おきに肉まんを食べているような。肉まんはやっぱり、蒸し器であっためなくちゃなぁ、電子レンジはダメだ。
私が好きなのは、普通の肉まんか、カレーまん。いま流行りの、ピザまんとか、ギョウザまん、ホイコーローまん、高級豚まんは、あんまり興味がない。一年に2回くらい、あんまんも食べたくなる。あんまんの上の赤いぽっちは、インドの女の人を連想させる。そして、なんだかいやらしい感じもする。

あきらを早迎えして、湘南モールに行き、ペットショップや電気屋さんをのぞいたりしてブラブラ。


2004.10.03(日)

天地真理

家族3人、マティスで大船まで不動産物件を探しに出かけたら、けっこう夜遅くなってしまった。

その帰り道のこと。
「そこの角を曲がると、Tさんの家の横に出るんだよ」というダンナの言葉に、いつもの曲がり角のひとつ手前を左折したらば、なんと道に迷ってしまったのだった。家からほんの200mくらいの距離のはずなのに、行けども行けども知らない路地ばかり。一体どこに、これだけ隠れていたのかと思うほど、ぎゅうぎゅうに家々が建てこんでいて、しまいには方向もわからなくなる。道は狭いし、雨は降っているし、めちゃくちゃ不安。

そこで思い出したのは、子どものころに見た「水曜スペシャル」の中の、天地真理の話だった。

この番組は、怪奇現象や心霊写真といった、怖い話の特集ばかりをやっていて(ご覧になった人もいるのではないでしょうか)、私がUFOという存在を知ったのも、この番組を通してのことである。子どもにとっては社会の窓ともいうべき番組だったなぁ、と今にして思うわけなのだが、それはさておき、天地真理は、ごく近所に出かけたつもりで、四次元の世界に迷い込んでしまった、ということをその番組中で話していたのだった。
再現ビデオもあった。その怖さといったらば、もう! 20数年経った今でも思い出すことができる。夜の住宅街って、ホント怖いんだ。
あー、無事、知っている道に出たときの安堵感!

というわけで、今日は、5段階評価で3くらいのまずまずの一日だった。
平穏な日々を過ごせることに感謝せねば、と思った。

2004.10.02(土)

1の日

見苦しいので詳しくは書きませんが、今日は5段階評価で1の日だった! ちっ

##

これは、友人Yさんに聞いた話なのだが、毎日、こんなふうに5段階評価でその日の評価をつけるんだそうだ。
それをExcelに記録しておいて、ひと月とかふた月とか経ってからグラフ化すると、ちゃんとバイオリズムの波を描くのだそうである。
すごい話でしょう?
元パソコン誌編集者として多いに感銘を受けたので、某出版社に「Excelの意外な使い方」というネタで売り込みしたが、「ふーん」で片付けられてお終いだった。

それはともかくとして、それ以来、私もExcel日記を続けているのだが、確かにどんな平凡なつまらない日常にもちゃんと、いい日と悪い日というのはある。
明日は2以上になりますように。

##

三遊亭円丈 綾瀬稲荷おみくじによると、今日は「小吉」
争いごとは、感情的になるな、だそうです。

2004.10.01(金)

オシャレなんか、くそくらえだ

午前中、歯医者。待合室で、たまたまESSEという雑誌を手に取ってみたのだが、ぶっちゃけ、「いかにオシャレに暮らすか」が価値観のすべてという雑誌で、少々疲れた。

午後は、東京女子医大で取材。
夜7時のドラえもんに間に合うよう、急いで帰る。


9月のしょうこを読む