目次に戻る


2004.06.30(水)

イラスト

大阪のCこと、佐藤陽子から、脱力系のイラストお手紙(↓)が来た。
(とってもかわいいので、本人の許可を得て転載しました。イイナー。絵が描けるのって)

今日は、マティスのオイルを交換。
庭のナスとシシトウを、ひき肉といっしょに味噌炒めにする。自分が育てた野菜を食べるのはうれしいような、寂しいような。
これが豚とか牛とか鶏とかだと、もっと深い感情になるのかしらん。

2004.06.29(火)

今日も

真夏日。
夏は好きな季節。緑が濃くなり、風に煽られてザワザワしているのを見ると、生きてるってステキだなぁ! と思う。
少し田舎道をドライブしたくて、知らない道をてきとうに走ってきた。
夕方から、保育園の役員会。


<庭の様子です>


キュウリはみんなこんな風に捩れ曲がっています。
どうして??


シシトウは順調。
すでにかなり収穫できました。


ナス。
油炒めがおいしいですよね。


2004.06.28(月)

夢の話続き

昨日は昨日で、ひと夏の間、田舎に農作業に行く夢を見た。
田舎まで行く乗合バス(昔懐かしい、ボンネットバス)の待合所には、夏の間だけ開いている簡易食堂がある。入り口には、埃をかぶったような刺身定食の模食が並んでいて、この夏の暑さのなか、衛生面にいたってのどかな風なこの食堂で刺身定食を食べるのは、なかなかにスリリングであるなぁ、と思いながら、とうとう入らないまま夢から覚めた。

##

編集仕事少し。
執念深くえいご漬け。今年こそ、TOEICを受けようと思う。
コンプレックスに満ちた英語人生とおさばらして、日の当たる街道を歩くのだ。

##

久しぶりにあきらに絵本でも買ってやるかと、ふらりと立ち寄った書店で、『どこ? つきよのばんのさがしもの』を見つけた。
造形作家の手になるものだけに、作りこまれた世界がひたすら面白い。

2004.06.27(日)

全部夢の話です

久しぶりに夢をみた。

八王子の小さな名画座に、一人で台湾映画(『○△恋歌』というタイトルで、若い田舎娘の成長物語のようなものらしい)を見に行くのだが、アメリカ人の男とフィリピン人の女のカップルが横の席にいて、映画が始まるなり、ぐうぐうイビキをたてて寝始める。雄牛のような男のイビキは、そりゃあすさまじくて、映画の音が聞き取れない。あきらめて、すごすご映画館を出てくるというもの。

八王子から、小さなローカル線が延びていて、その沿線の学校に私は通学することになっているらしい(って、一体何歳なんだ?)。
通学の便のいいように、八王子に住めたらいいなぁと思うのだが、八王子はけっこうな繁華街で、歩いていると、「よぅよぅネエちゃん」と絡まられる。やっぱり、時間がかかっても茅ヶ崎から通おうと思い直すというもの。

雪の降る寒い日に、鎌倉の有名な老舗の和菓子屋に取材に行くのだが、敷居があまりに高く、物怖じしてしまって取材できず、けっきょく客の一人として和風ケーキセットを食べて帰ってくるというもの。

カーブした高速道路をスピードあげて走りぬけた拍子に、子どもが大事にしている犬のぬいぐるみが窓から落ちてしまう。仕方なく、車を路肩にとめて、ぬいぐるみを拾いにいこうとする。
その夢の中では、人は「上層階級」と「下層階級」に分かれていて、道路の端には、下層階級の人向けの露天が軒を並べていて、猥雑なアジアな感じなのである。、鳥や犬の仔がちょこちょこ歩き回っている。なかにはパンダの仔もいて、ちんまり座ったりしていた。パンダはかわいくて、そのまま連れていってしまいたいなぁと思ったが、とりあえず子どもの落としたぬいぐるみを探しにいかねば〜と急いでいるというもの。

2004.06.26(土)

飲み会

保護者会の役員の集まりが、居酒屋であった。
ビール飲んで、焼き鳥食べた。それにしても、一口に母親といっても、いろいろなタイプがあるものだなぁと思う。

2004.06.25(金)

恥の文化について

仕事で秋葉原。

最近、営業活動をやっていて、そのための職務経歴書なんかを書いたりしている。
そのくせ、ついつい「あっしなんぞ、名乗るほどのものじゃござんせん」的発想から、実にそっけない内容になってしまったりする。
これじゃ、営業としてはダメだよなぁ、と反省するのだが、恥の文化的思考はおいそれとは抜けない。自分のことを売り込むのって、こっぱずかしい話なのだ。

2004.06.24(木)

修行

炎天下、庭の草むしり。
はじめのうちこそ暑い暑いと唸っていたが、そのうちに精神世界に突入。
夏日の草むしりと、雑巾がけと、洗車は、実益をともなった修行なのだ。
この一日で体重1キロ減。

ほかに、原稿。保育園の保護者面談。

2004.06.23(水)

仕事日

在宅で仕事日。
あぶら汗を流しながら、原稿をひねくりだす。くにゅくにゅ。
今日は仏滅なので、あまり派手な動きをしないことにしようと思う。

2004.06.22(火)

アイス

今日も公民館でバレエ(もどき)をやる。
終わったあと、矢島先生とコンビニでアイスを買い、ベンチに座って食べた。
夏の日の中学生のようであります。アイスは、ミカン味のシャーベットで、たいそうおいしかった。今でも味を思い出せるくらいだ。

##

電話でシビアな話をしている最中に、あきらが、「(ウンチを済ませたあとの)おしりを拭いてくれ」としつこいので、「自分で拭けるでしょっ!」と激しく叱り飛ばしてしまった。
低レベルなことで叱りすぎたなぁと少し後悔。
母親の日常は、美しいことがあまりない。

2004.06.21(月)

台風

台風6号が上陸。

編集作業で渋谷に行く。
突風で、100円ショップのピンク色の折りたたみ傘がひっくり返って、骨が折れた。
そのせいで、思いのほか傷心モードになる。



2004.06.20(日)

父の日

ダンナのために、あきらと二人で、歌とダンスの出し物をやった。

2004.06.19(土)

特になし

今日も夏日。
ブックオフでドラえもんのマンガを買ったあと、辻堂駅前の牧場でアイス食べる。ポニーが鬱々とした様子をしていて、気がかりである。
そのまま、横浜まで行き、水撒き用の30メートルホースと食料品、英語のソフトを買う。
以上。

2004.06.18(金)

仕事日

ここしばらくの間に溜まってしまっていた懸案事項を、ひとつずつ潰していく。

2004.06.17(木)

遊んでばっかり

東京女子医大で取材のあと、マティスでやってきたダンナ&あきら組と合流し、TokyoFMLiveDepotの公開録音。オンデマンド配信もやっているので、興味のある方はぜひ。

##

めちゃくちゃ派手なTシャツ1枚買う。
一生の間に派手な服の1枚や2枚や3枚、着ないで死ぬのは、何だかもったいないような気がして。

2004.06.16(水)

相模線

イラストレーターのYさんと、立川で食事。
茅ヶ崎から相模線で行く。
相模線は近郊電車には珍しく単線である。車窓の風景がのどかで寂しくて、それがまたいい感じなのだ。
左右に新緑の水田が広がり、その中を赤いスクーターが1台、のんびり走っていた。ぼけーっ……とみる。

##

Yさんと、電車男の話する。
エルメス子は、けっこう男馴れしているな、というところで意見が一致。

2004.06.15(火)

テレビ

以前、フジテレビのCSの公開録音に参加したという話はしましたが、それが最近、何回かに渡って放映されているらしい。
そんなところへ、突然、昔の同僚Y氏からメール。何だろうと思えば、「CS見ていたら、偶然、百名さん一家がアップで映っていてびっくりした」とのこと。
いやはや、こっちもびっくりですワ。テレビって影響力大きいんだなぁ。「たかがCS」とあなどっておりました。どんな服着ていたっけな。今になって心配になってきた。誰かビデオ撮ってください。お願いします。

##

矢島先生と、またまたバレエ。
ガニマタで飛んだり跳ねたりしてきた。


2004.06.14(月)

お仕事

快晴。
渋谷で、編集仕事。
やたらとお腹がすく一日だった。

##

電車男の余韻にひたる。若いっていいなぁ。


2004.06.13(日)

2chの掲示板より

Z氏に教えてもらったサイト 泣いた〜

※2chの中にある、独身男たちの掲示板で、この3〜5月に実際にカキコされていた内容を編集したものです。
夜な夜な掲示板に集っては、もてないわが身の不遇をかこう住人達。
その中の一人「電車男」が恋をするところから話が始まり……。
掲示板の住人達が、電車男に寄せるアドバイスがいいんです。バカバカしくて、一生懸命で、おまいらサイコー!!
これが、ノンフィクションだってのが、素晴らしいんだな。

ネットの暗い側面ばかり強調されがちですが、明るい光を見た気分。
元気出た。ありがとうZ氏。


2004.06.12(土)

通販カタログ

ダンナ出勤。
あきらは近所の子どもたちと遊んでいたので、仕事机に向かってテープ起こし。

##

夜、あきらと一緒に、ニッセン(通販)のカタログを見ながら「どの服がかちゃに似合うと思う? きら坊がいいっていうやつを買うよ」。
すると、う〜ん、う〜ん、とページをめくりながら
「これは、ちょっと渋いなぁ」「これは、安っぽいねぇ」
そして、ヒョウ柄のワンピースのところで、「これだと、かちゃがキリンみたいになっちゃうねぇ」
一生懸命考えてくれる。
さらにページをめくると、女性用の下着コーナーになり、ものすごく嬉しそうな顔になって見ている。
小さくても男なんだねぇ、と妙なところで感心した。

いやいや、それにしても、通販カタログはそれはそれで、けっこうなエンターテインメントなのでありますね。

2004.06.11(金)

ライブでした

午後からあきらとマティスで東京へ。秋葉原で慰安旅行中のTと会ったあと、渋谷のタワレコでダンナと合流して、カーネーションのインストアライブ。
あきら、ステージ越しに、ベースの大田さんからピックをプレゼントしてもらっていた。
うひゃあ〜!! 親の方が、鼻血出そうだった。
家に帰って、三人でピックの匂いを嗅ぎながら、「これが大田さんの匂いかぁ〜」と感激。

2004.06.10(木)

本を読む

同業Y子さんから、ご自身が編集された本(『金田一耕助 The Complete
〜日本一たよりない名探偵とその怪美な世界』
)を頂戴した。
読んでいたら面白くなってきて、本屋に行って横溝正史『三つ首塔』買ってきた。
有栖川有栖も買ってきた。
ここ、しばらくの間、「本を買って、ワクワクしながら家に帰る」ということを忘れていたなぁ。

##

一年続いた仕事が終わった。
最後の納品。無事に納めて、ほっとする。
現実を考えれば、ほっとしている場合じゃないのだが、とりあえず、今日のところは『三つ首塔』読む。

2004.06.09(水)

スネ夫の声

代官山→渋谷
そのまま夕方から保育園の懇談会で、終わったら6時半。家についたら7時だった。
それなのに、ご飯を作ろうとして、急に換気扇の汚れが気になり、掃除をし出してしまう私。
バカだ〜。

##

「ドラえもん」のスネ夫役の声優さんが気になる。
悪役(?)キャラを演じつづけて25年の人生って、どうなんだろう??
やっぱり私生活にも少なからず影響あるんじゃないのかなぁ?
もし、私のダンナが、スネ夫の声をアテているんだったら、そのうちに「スネ夫みたいで、いやーな奴だなぁ」と思ってしまうんじゃなかろうか。
そんなことばかりが、気になってしまう今日この頃。

2004.06.08(火)

慰安旅行について

仕事。原稿書く。市民税払う。
除湿機フル回転中。溜まる溜まる。うーん。いい気分だ。

福井のTと電話。
会社の慰安旅行で東京に遊びにくるらしい。
六本木ヒルズのそばにある、センチュリーハイアット??に泊まって、東京湾クルーズランチだかするらしい。
慰安旅行といえば、フツウ、温泉入ってカラオケとかするもんだと思っていた。今時は違うのね。ユースホステルが最近はホテル形式になっていると知ったときに近い驚きがある。

2004.06.07(月)

除湿機 万歳!

外は一日雨。いよいよ梅雨である。
ふふふ、でも、大丈夫。なぜなら、念願の除湿機を買ったから。
本当に、驚くほど、水が溜まる。
♪ あめあめふれふれ〜もおっとふれ〜
とつい歌ってしまうくらい、溜まる。
そして、湿度計の針は「快適ゾーン」を指したまま。
たいへんな勝利感なのだ。科学の力ってスゴイ!

2004.06.06(日)

靴下買いました

6月6日であります。
ダミアンの誕生日です。

今日はNHKのど自慢を見た。堀内孝雄が高らかに歌っていて、それだけでお腹いっぱいな気分になる。そのあと、ジャスコへ行き、靴下を買う。
書き忘れていたけれど、昨日は、銀座で鞄も買った。秋葉原でダンナのノートパソコンも買った。
これで、欲しいものリストが全部満たされてしまった。ちょっと寂しい。
勝手なことを言うようですが、欲しいものが何もない状態というのは、それはそれでなかなか不幸なことなのです。なぜなら、欲望は生きるエネルギーになってくれるからです。

2004.06.05(土)

交通博物館のヨンさま

ダンナのノートパソコンが壊れたので、3人で秋葉原に買いにいく。
ダンナが、電気街を練り歩いている間、あきらと私は交通博物館。
3階の映画室で、路面電車の記録映画を見た。昭和30〜40年代の風景で、私はかなり面白かったが、あきらには微妙だったようだ。
そのあと、運転シュミレーターの列に並ぶ。あきらの前にいた人は、アニエス・bのセルフレームメガネをかけた、なかなかイケメンな男の人で(ペ・ヨンジュン風)、誰かのお父さんかと思ったら、違った。一人でシュミレーターをやりにきたらしい。ブレ―キングも完ぺきで、なかなかのスゴ腕と見た。


2004.06.04(金)

今日も

仕事で渋谷。
デパ地下でコロッケ買って帰る。

2004.06.03(木)

ナメクジの名前

快晴が続く。
ナメクジ退治の薬を撒く。
ナメクジのナメクジたる所以は、あの名前の語感にあるのではないか。特に、ナメがよくない。もっとかわいい名前だったら、もう少しマシなのかもしれない。

そういえば、むかーし読んだ奥多摩の伝承文学だったかの中に、手の荒れには、ナメクジに塩をかけ、とけたやつを手に刷り込むといい、と書いてあって、その凄惨なイメージに、うへえー! とショックを受けたことがある。かれこれ20年以上も前の話だけれど、いまだに忘れられない。これは、いわゆるコラーゲンとかが含まれているということなんだろうか。
お食事中の方、すみません。

##

今日も靴下を買わず、代わりに髪の毛を切った。前回、大枚はたいてパーマをかけたのが4ヶ月前。レディのたしなみとして、そろそろ切り時だなぁと思っていたのだった。

あと、駅前の宝石店で、指輪のサイズ直しを頼む。約10日ほど掛かる由。失礼ながら、今にも倒産してしまいそうな古い小さな店で、一瞬不安がよぎる。せめて手元に戻るまでは無事でいてくれよ、と思う。
かつて、京都に住んでいたとき、クリーニング店が火事になって、預けていた冬服が全滅してしまったことがあるのだ。コート類だったので、痛手が大きかった。

2004.06.02(水)

欲しいものリスト

私は、ときどき、「欲しいものリスト」「行きたいところリスト」「したいことリスト」というものを作っている。これをとっておいてあとで見直すと、けっこう楽しい。あのころは、こんなこと考えていたんだなぁというのが、日記よりもリアルに端的に浮かび上がる。

で、今日は久しぶりに「欲しいものリスト」を書き出してみた。

「(ダンナの)新しいパソコン」「鞄」「靴下」

とここまで書いて、靴下くらい悩まず買えよ! 自分に突っ込みを入れてみたりする。
明日は靴下を買いに行こうかなと思う。

2004.06.01(火)

聖子ちゃんは宇宙人

矢島先生のうちへ行く。
ところで、先生(女・30代前半)は、聖子ちゃんのファンなのだそうだ。「男を感じる」と言っていた。
確かに、姿かたちは女のものであるが、あの人の中身はまぎれもなく九州男児だなぁと思う。
熊本出身の先生が惹かれるのはわかる気がする。

それで先生は、自由が丘の「フローレンス聖子」で、本人を見たこともあると言っていた。レジに立っていたので、どうでもいいような、いなたい感じのキーホルダーを買ったのだそうだ。
「どうだった? やっぱりかわいかった?」と聞くと、
「すごかった。宇宙人みたいだった」とのこと。
即座に「宇宙人」という形容詞が出てくるあたり、単純にかわいい、というのとも違うらしい。

##

相変わらず、室内テント生活は続いている。



5月のしょうこを読む