目次に戻る


2003.12.31

静かな大晦日

大掃除続き。
ダンナが居間を模様替えしている間、あきらと昼寝。
そんなこんなで、買出しに行きそびれてしまい、ありあわせの材料で蕎麦を作った。

##

TVで「ドラえもんSP」を見る。ドラえもんが未来に帰ってしまうシーンで、寂しくて悲しくて号泣。

イラストレーターのYさんより、メールもらう。
何年か前の元日に、御神籤で凶を引いてしまったのだそうだ。「でも悪い年じゃなかったですよ」とのこと。
少し元気づく。

静かな大晦日だった。


2003.12.30

大掃除

スガシカオに次いで、昨日は夢の中にイッセー尾形が出てきた。
結婚式の引き出物に、大きな丸いケーキを2つほどもらってしまい困っていたら、隣の家に遊びに来ていたイッセー尾形が、そのうちの1つを持って帰るという内容だった。

##

一念発起して大掃除。
夕方から、御茶ノ水のジャニスに行き、CDとDVDを山ほど借りる。
七尾旅人、レミオロメン、バッファロー・ドーター、岡村と卓球、コモンビル、テルミンの演奏のドキュメントなど。世田谷の美吉ストアーに寄って、世間話をして帰る。

2003.12.29

連休三日目

大掃除も年賀状も、まだ手をつけていない。でも忘れてもいない。いっそ忘れられたらいいのに、と思う。

あきらはいまいち具合悪し。お腹が痛いのだそうだ。ほとんど食事をとらないので、心配だ。年末年始は病院も閉まってしまうし、大丈夫かなぁ?
ダンナは、腰椎捻挫のリハビリで横浜。マティスで行く。

##

徹夜して原稿1本書く。
しつこいようだが、清算年なので......。
年とともに、縁起を担ぐようになってきた。
毎年引いているお正月の御神籤、楽しみなような、怖いような。



2003.12.28

連休二日目

まだ年賀状は書いていない。大掃除もしていない。このまま、ずっと忘れてしまおうかとも思う。
朝風呂と昼寝。いつもの日曜日。

##

夕方から、3人で横浜ベイサイドマリーナに行く。以前、藤沢のIさんに、「ビルケンシュトックのアウトレット店がある」と聞いてから、行ってみたいと思っていたのだった。

少々道に迷いつつ、どうにか閉店に間に合い、私のショートブーツを半額で買った(あきらとダンナの靴は欲しいサイズがなく、残念)。

車中のBGMは、くるり「WORLD’S END SUPERNOVA」。
テクノっぽいアレンジが絶妙。

2003.12.27

連休初日


長い長い休日の始まり。
ダンナは今日、仕事収め。夜は忘年会の予定。

##

以上、静かな一日だった。ピアノだけは、毎日欠かさず弾いている。でも、あまりうまくならない。

2003.12.26

仕事収め

いつもよりも1時間近く早起きして、打ち合わせのため、東京女子医大へ。

##

午後、同業Y村さんと、新宿・紀伊国屋前。
蕎麦粉のクレープ食べる。ビルケンシュトックの店を冷やかしたりして、久しぶりに新宿東口をブラブラ。
あきらに絵本1冊買って、帰った。
「しょうこ すき ボク かなしい 電話したい ももなあきら」
あきらは、ダンナが保育園に連れていってくれました。
ママッ子のあきらは、「ママがいなくて寂しい」と、泣きの涙だったようです。
いつまでこんなことを言ってくれるやら。
母親冥利につきます。
うれしかったので、貼り付けてみました。

2003.12.25

お歳暮

ダンナから、私宛に宅急便でお歳暮が届いた。デパートの包装紙に包まれた、洋菓子詰め合わせセット。
前々から、「デパ地下で数千円くらいするクッキーの缶を、自分用にバーンと買ってみたい」と話していたのを覚えていたらしい。
「これからもよろしく」とのこと。

名古屋のKと電話で話す。
新しく知り合いになったYさんより、グリーティングカードもらう。
そんなこんなが、しみじみと嬉しいクリスマスであった。

##

またまた口唇ヘルペスになる。

2003.12.24

ライブでしたが

あきらを早迎えして、マティスで渋谷。途中、横浜に寄って、ダンナをピックアップする。

念願のライブだったが、渋谷に着くあたりから頭痛がひどくなった。痛み止めを飲んでもラクにならず、結局あまり楽しめず。
あきら、爆音の中で居眠り。3人とも、いまひとつテンションが上がらない。

ライブ終了後、あきら、ファン仲間のYさんにチョコボールをいただき、ばくばく食べる。

第三京浜と横浜新道を使い、11時半過ぎに帰宅。すぐ布団に入って寝た。

2003.12.23

ケンカ

ネズミ算という言葉にもあるように、ネズミは、どんどん子どもを産んでどんどん増えていく。しかし、ある一定以上の人口密度を超えると、そのストレスでネズミたちは死んでしまうのだそうだ。つまり、窮屈な場所では、知能の低いネズミですら、ストレスフルだということですね。人間においては、推して知るべし。

わが家の狭い狭い家の中でも同じことが起きていて、最近、ダンナとあきらの間で幼稚なケンカが絶えない。
やれ、足を蹴っただの、並べていたミニカーをずらしただの、新聞が読めないだの。

休日の今日もケンカが起こるのは目に見えていたので、あきらを辻堂海浜公園に連れ出して、終日遊ぶ。気分は晴れたが、体は疲れた。
それなのに、帰ってきたらまたケンカモードに突入。つくづくイヤになって、ぶちきれてしまった。
おめえら、うるせえぞ!

そして、ぶちきれたあと、必ず、寒々と情けなく、悲しくなる。
明日は、クリスマスイブ。待ちに待った、カーネーションのライブがあるというのに、気分はもう萎え萎えです。
万全の体制でライブを楽しみたかったので、この日に向けて、あきらの体調管理&仕事のスケジュール管理に腐心してきたのだが、思わぬところで足をすくわれた感じ。
なんだよ、チクチョー!

##

一人っ子のあきらには、「兄弟ケンカ」で揉まれて逞しくなる機会はない。その欠落を、「親子ケンカ」という形で埋めているのだと思えば、それもまぁ善きかな、と言えなくもないのだが、それにしても、お母ちゃんは疲れた。

2003.12.22

病院通い

2月号作業で秋葉原。最後にちょっとすったもんだあり。

夕方あきらを迎えに行き、耳鼻科へ。1時間待ち。待合室では、退屈した子どもたちがケンカをしている。へとへとになって帰ると、大阪のCから手紙が届いていた。

3歳と0歳の子どもを保育所に預けて働いているCも、子どもたちの病気では苦労しているらしい。
保育所帰りに、ぐずる子どもたちを連れて、小児科・耳鼻科・眼科などの病院を3件ハシゴすることもあるそうで、「マジしんどい」という言葉に、「あぁ〜わかるわぁ〜」。
お母ちゃんは大変だ。

##

同業Tさんよりお手製のパウンドケーキいただく。スパイスがきいていて、猛烈にうまかった。


2003.12.21

いつもの日曜日

快晴。布団干す。
のんびり風呂に入ったり、残り野菜で煮物を作ったり。
つまり、いつもの日曜日でした。特別なことは何もなし。
叔母から、トラピスト修道院のお菓子と、あきらのお年玉が届く。

夜、ビールのおともに、イカ飯を食べた。

2003.12.20

クリスマス礼拝

保育園のクリスマス礼拝に出席。
しかし、ビデオカメラを持った父兄がおおはしゃぎしていて、心静かになれる雰囲気ではなかった。興ざめ。園児たちのほうが、大人しいくらいだった。

京都でKとしばしば教会に通っていたころが懐かしい。
静かな時間がなかなかないとれないせいか、久しぶりに行ってみようかなぁ、と最近よく思う。

2003.12.19

休養日

昨日の今日でもあるので、あきらは保育園お休み。
横で遊ばせながら、ちょこちょこ仕事をする。
午後、インフルエンザの予防接種を受ける。

2003.12.18

新幹線バブル

日帰りでダンナの実家がある八戸へ。

##

なぜ、年末のこの慌しい時期に行ったかというと、はやて1周年記念とかで、北東北行きのパック旅行が激安だったからである。我々一家はとことん貧乏なようで、恥ずかしいのだが、それにしたって、
はやて往復+八食センター(魚市場)お買い物券2000円セット1万円ですよ!
八戸への片道だけでも、通常1万6000円弱かかるというのに、一体これはどういうことなんでしょうか。

「通常3万5000円はかかるところ、この商品なら1万円! 1万円ですよ、奥さん。あとで簡単なアンケートに答えるだけなの。早くしないと、売り切れちゃう。家に帰って考えるって? どんどん予約入っているんだから、1時間後にまだ残っているか保証はできないからね。うんぬん」
とは言われていないが(アンケートももちろんない)、そんなことも連想させる、悪徳商法のような話。

半信半疑で参加したが、特に問題もなく、無事帰宅。

##

八戸では、八食センターで、買ったばかりのホタテをシチリンで焼いて食べた。うまかった。

2003.12.17

トイレピーパー

年内最後の自由な一日。
ところで、0学占術によると、今年、私は「清算年」だそうで、今年のうちに、いろいろなことにケリをつけておくといいらしい。そんなわけで、焦って原稿1本書く。
来年は新しい展開があるといいなぁ。

##

ダンナが、昨日の日記を読んで、あきらに花柄のトイレットペーパーを買ってきた。
「あきらっ、おみやげだよっ、ほらっ、トイレピーパー」
あきら、嬉しそうな顔をして見せるが、「なんでおみやげがトイレピーパーなんだろう??」というのが本当のところのようだった。


2003.12.16

今日は疲れ気味

本日は、定例の編集作業のため渋谷へ。
夕方、ぎりぎりにあきらを迎えにいき、耳鼻科へ回り、さらに薬局で薬をもらい、帰宅したら、8時になっていた。
夕食を食べさせ、9時。
ダンナから帰るコールがあり、車で10分の辻堂駅に迎えに行き、帰りにスーパーで食料品をちょっと買い足し、さらにあきらを風呂に入れたら、もう10時半である。
なんともまぁ、せわしない一日であった。芯から疲れた。
フルタイムで働いている母親は、本当にすごい。私なんて、月に数日でへとへとになってしまう。

##

昨日、書き忘れた話 その1
美容院で、あきらが「ウンチをしたい」と言い出したので、トイレを借りたところ、そこのトイレットペーパーが青い花柄だった。ウチでは、白いだけの安物のトイレットペーパーを使っているので、あきらにはかなり珍しかった様子。
「トイレピーパー(彼はこう言う)あんまりきれいで、拭くのがもったいないみたい」と、お尻を丸出しにしたまま、ためらっている。
ただ、それだけの話なのだが、あきらがしみじみと愛しく感じられた。

昨日、書き忘れた話 その2
ガソリンスタンドのおじさんの鼻毛が、かつて見たこともないほど伸びていた。
いや、伸びているというよりも、むしろ、両穴の中に、ふさふさと「茂って」いる感じである。排気ガスを吸うことが多いから、自衛的にそうなってしまったのだろうか。人間の体の環境適応能力ってすごいなぁ。今度、スタンドに入ったら、いろいろな人の鼻の穴を見てみようと思う。

以上。

2003.12.15

ムッシュかまやつ

あきら、念のため、保育園お休み。
今日は、やじま先生や美容室を予約していたので、いっしょに連れていく。

お任せでカットをお願いしたら、ムッシュかまやつのようになってしまって、やや驚く。うーん、どうなんでしょ。しかし、30も半ばになると、ヘアスタイルの似合う・似合わないでは、びくともしなくなってきた。

ほかに、スタンドで車の洗車。スタンドの店員さんたちから、しきりにマティスを珍しがられる。悪い気はしない。(雨漏りするとか、1万キロにしてすでにあちこち壊れかけているとか)実態を知らないと、なかなかステキな車に見えるんだろう。

##

ダンナ、会社で重たいプリンターを持ち上げたらば、腰椎捻挫というものになってしまった。そろりそろりと歩いている。師走の慌しい時期の貴重な男手だけに、心配である(ちなみに、労災扱いとなって、治療費の負担はなし)。


2003.12.14

引き続き、具合悪し

快晴。
あきらの熱は下がったが、相変わらず食欲がないようで、何も食べない。
ずっと家の中で過ごす。
いいかげん煮詰まったあたりで、夕方、クリスマス礼拝用の服を買いにジャスコへ。
3人でボーリングをしたりしているうちに、すこし元気になってくる。夕食には、オムライスを食べたいと言い、少しばかり口にした。

##

夜、連載の最終回原稿をデザイナーに渡す。


2003.12.13

発熱

土曜日。
午前中、ダンナとあきらで辻堂海浜公園へ。

帰ってきたあきら、なんとなく調子が悪い。ご飯もほとんど食べず、ぐったりしている。熱を測ると、38度以上あった。
ダンナも風邪気味。最近、みんな体の具合が悪い。

夜、トランプを出してきて、3人で神経衰弱をして遊ぶ。
1回戦 1位 あきら 2位 しょうこ 3位 ダンナ
2回戦 1位 ダンナ 2位 あきら 3位 しょうこ


2003.12.12

プレゼント

曇りときどき晴れ、のちに雨。

原稿慌てて1本書き、午後から茅ヶ崎駅に行って、18日の青森行きチケットを買う。
駅前のイトーヨーカドーで、あきらのクリスマスプレゼントを探すが、なんとおもちゃ売り場がなくなっていた。やむなくジャスコへ行き、無事プレゼントを購入。見つからないように、車のトランクに隠しておいた。

2003.12.11

今日もとりとめもなく

なんだか、気ぜわしいばかりの毎日が続く。

サンタさんにお願いするものもフィックスしたようなので、そろそろ、あきらのクリスマスプレゼントを買っておかなくちゃ。

##

たらたら原稿を書く。煮つまり気味。
そこへ学生時代の友人Kより電話があり、2時間ほど話し込む。
少し気分が晴れた。メールに依存した関係が多いなか、やっぱり、生の会話はありがたい。

2003.12.10

電話番号

朝から藤沢市民病院へ。心配したダンナも休みをとってついてきたが、今日は検査ばかりだったので、ただ廊下で待っているだけだった。町田康の『耳そぎ饅頭』を読みながら、ときどき、ウククと笑っていた。

帰り道、「うどんが食べたいね」と意気投合して、辻堂駅前のなか卯で鶏塩うどんというシロモノを食べる。塩ラーメンのつゆの中に、うどんが漂っているような感じで、正直「うどんを食べた」という気はあまりしない。ダンナは、つけ麺ゆずうどんとミニ牛丼。

何をしたわけでもないのに、病院から帰るとぐったりと疲れてしまい、1時間ほど昼寝。

##

Tより焼き栗が届く。お礼に電話をすると、
「どぅも〜百名でぇす〜」
「はぁ?」
「あの、百名ですが」
「知りません!」(がちゃ)

履歴を確認しても、確かにT宅の電話番号だし、どうしよう。
「とりあえず、もう1回」と思って掛けなおすと、今度はちゃんとT本人が出てきた。
これって、どういうことなんだろうか。う〜ん?? 

2003.12.09

Great ありがとう

仕事で、代官山→神宮前→渋谷。

夜、辻堂駅に降りて、切符を持っていないことにハタと気がついた。ぐちゃぐちゃの鞄の中を探してみるが、見つからない。改札口で泣く泣く片道分950円を払う。
あきらめきれずに、人気のない切符売り場で鞄の中身を並べていると、しばらくして、改札係の駅員さんが
「今日はいいから」と、一度は払ったお金を返しに来てくれた。カーネル・サンダースによく似た人だった。
「情けをかけていただきまして、かたじけありません」
時代劇のようなセリフになってしまったのは、あまりにうれしく、ただ「ありがとう」というだけではこの気持ちを表現しきれない気がしたからである。

本日の教訓
・かばんの中の整理整頓を心がけること
・かばんの中にモノを入れすぎないこと
・切符はいつも決まったところにしまうこと

2003.12.08

初めてなのに

午前中は仕事など。午後、矢島先生宅へ。
先生は、アクロンでまとめてセーターを洗ったら、まるごと縮んで全滅してしまい、着るものに困っているのだと言っていた。私もいつも明日着るものに困っているので、シンパシーを感じた。来る日も来る日も同じものばかりきていて、これでいいのかなぁ、とちょっと疑問に思うことも。

##

ダンナが早く帰ってきたので、夜は3人できりたんぽ鍋。
初めて食べたきりたんぽは、炊飯ジャーで保温しすぎたご飯のような匂いがした。幼いころ、嗅いだことがある。
「初めてなのに、懐かしい」って、何かのコピーのようだが、しかし、それが「保温しすぎたご飯」の場合、それって、どうなんでしょ......(お味のほうは、ご飯と餅の中間のようで、なかなかおいしゅうございました)。

##

あきら、かろうじて、鼓膜切開を免れる。親子ともども、ほっ......。
安心感から、またしてもコージーコーナーのワッフルを買ってしまう。

2003.12.07

とりとめもなく

快晴。昨日の風雨で、庭にはぶちまけたように松葉が散っていた。
午前中は、3人で洗濯したり、庭を掃いたりする。松葉がゴミ袋一杯になった。
午後からダンナは出勤。あきらとマティスで送りに行く。

あきらは中耳炎で耳が痛むらしい。
気の毒だ。明日は、耳鼻科で鼓膜切開になるかもしれない。

あきら、昨日の銭湯の話をしては、
「女湯に入りたかった。今度は女湯に行きたい」ということを何度も繰りかえす。
女湯に入れるのも、今のうちだけだから、次は女湯に連れていってやろう。社会見学である。

##

あきらといっしょに、バナナケーキを焼く。
とりとめのない週末だった。

2003.12.06

銭湯

曇りのち雨。風強し。

することもなく、小僧寿しを食べたりしながら、3人でぼんやり過ごす。
あまりに実りの少ない一日の終わりに、近所のスーパー銭湯へ。
あきらは女湯に入りたがっていたが、ダンナが男湯に連れていってくれた。私は一人晴れ晴れと、サウナに入ったり、露天風呂で手足を伸ばして月を見たり、至福の時間を過ごした。それにしても、いくつになっても、女性の「美」にかける執念ってすごいもんだなぁと思う。修行のように、サウナに入りつづけるおばさんたちに、嘆息。

風呂上りに、イチゴ牛乳を飲む。

2003.12.05

ロマンスカー

冷たい雨の一日。
今日は、杉並の浜田山で取材だった。N社のTさんといっしょ。
帰りは小田急の乗り継ぎが悪く、あきらの迎えに間に合わなくなりそうだったので、ロマンスカーを使った。

アスキーの編集者時代、小田急電車は通勤で使っていた。猛スピードで通過していくロマンスカーを「いいなぁ」と見ながら、いつも満員でギュウギュウの急行に揺られていたっけなぁ。
ロマンスカーのふかふかの指定席に座っていると、大人になったような、エラクなったような気持ちがした。実際には、大人になったわけでもエラクなったわけでも、ましてや収入が増えたわけでもないんだが。

##

向かいの空家に人が入った。
今日挨拶にみえたYさんはデザイナーという仕事だそうで、2階を作業場に使うらしい。
オリジナルデザインのてぬぐいをいただく。
あきら、「いつでも遊びにおいで」と言ってもらい、うれしくて舞い上がる。

2003.12.04

ヘルペス

ダンナ、昨日は仕事で会社に泊まりだった。

##

数日前から、また唇に潰瘍ができてしまい、今日は朝から藤沢市民病院に。あきら同伴。今回は、あっさりヘルペスと診断されて、「安静にするように」と言われて帰る。診察料330円。拍子抜けするほど安くて、それが嬉しかった。少なくとも2000円はかかるだろうなぁと踏んでいたので、浮いた分であきらとクレープを食べる。
あきらはあきらで、喘息に次いで中耳炎。

##

矢島先生に、「ヘルペスでした」とメールしたらば、「雅子様もヘルペスウィルス(帯状疱疹)が発病したと今日ワイドショーで見ました。皇族と同じタイミングで発病なんて日本人ですね・・・!」と返事が来た。そうかぁ、そうなのかぁ。
今日は、仕事もピアノもえいご漬けも何もかも、やらなかった。

2003.12.03

モノがない

あきら、体調イマイチ。保育園はお休み。
だから、予定していた保護者会に参加できなかった。
予定していたピアノのレッスンにも行けなくなった。
おまけに、今日は予定していたインフルエンザの予防接種も受けられなかった。
夕方、予約していた時間に小児科に連れて行くと、微熱があるので見送りとなったのだった(※翌日、耳鼻科に連れていったら、中耳炎とのことでした)。

毎年のことだが、今年もインフルエンザ・ワクチンが足りないらしい。
H先生からそう聞いて、
「今日受けられないと、次、来たときには、もうワクチンがないんじゃないですかっ?」と、見苦しくうろたえてしまいましたよ。ヤダヤダ、我ながらエゴイスティックな母親で。
それにしても、デフレの世の中で、「モノがない」という危機感は久しぶりだなぁ。米不足以来?

歌うウサギとライオン

2003.12.02

富士山

快晴。朝、ダンナを辻堂駅まで送った帰り、富士山がくっきり見えた。
ただそれだけのことなのだが、なんだかうれしい。日本人なんだなぁ。
出だし好調。原稿も好調。

##

主婦でもあるので、布団を干したり、たまっていた洗濯をしたり、掃除機をかけたり。
午後、銀行の用事で茅ヶ崎駅前まで。イトーヨーカドーで食品を買う。今日は食欲がなかったので、めずらしく試食をしなかった。


2003.12.01

ジャニーズ

あきら、喘息の咳がつらそうで保育園を休む。

その彼曰く、新聞の広告にあった、ジャニーズの面々に、「カッコイイ人たちだねえ」。
ジャニーズは、われわれとはかなり縁遠い所に位置している人種なので、「カッコイイ」という刷り込みはしてこなかったのに。かなり驚いた。
そうかぁ、そうなのかぁ。4歳児にとっても、ジャニースの顔かたちは美しいのかぁ......。


11月のしょうこを読む