目次に戻る


2003.10.31

一周年

このHPをオープンしてから、まる1年。

##

本日は、原稿ツメ。わき目もふらず仕事する。
夕方、あきらと茅ヶ崎駅前に行き、仕事の反動から、衝動的に真っ黄色のジャケットを買ってしまう。値段は恐ろしくて、ダンナには言えない。
今さらですが、このとき初めて「デビットカード」というシロモノを使ったが、たいへん便利だった。

2003.10.30

一夜明けて

朝、駐車場の草むらにダンナのジャケットが落ちているのをあきらが見つけて、拾ってきた。昨日の夜、酔っ払って落としたらしい。
メガネもない。ひょっとしてこれもどこかで落としたかと慌てたが、家中探しまわった末、家具の隙間に発見。ほっ。

##

仕事で秋葉原。
辻堂駅まで自転車で行き、駐車場代を節約する。我ながら、ちまちました話だ。

2003.10.29

初めて知ったこと

ダンナ、飲み会。さんざっぱら飲んだようで、ヘロヘロになって帰ってきた。
辻堂駅まで迎えに行くと、道端でアイスを食べていて、手には「J’sポップスの巨人たち」(異邦人/久保田早紀)。「いい歌なんだよ、みんなで聞こう! ちゃあぁ〜らぁあぁ〜らぁあぁ〜、らららら、らっら、らっら、らぁあぁ〜」
半泣きになりながら、「オレは酔っ払いです! すいません」等々、ひとりで反省。
泣き上戸だったらしい。知り合ってから7年経つが、初めて知った。

##

本日は、原稿の細かいツメ。
「えいご漬け」に漬かり中。

2003.10.28

静かな一日

雨の一日。
家で編集仕事と原稿など。

あきらが保育園でおもらしをして上履きをぬらしてしまったので、あわてて、ジャスコに洗い替え用の上履きを買いに行く。ためし履きをすると、1つ大きめサイズになっていた。ちゃんと成長しているようで、安心。

ああした大型スーパーでは、こっぴどく叱られている子どもが必ずいて、見ているこちらも、なんだか息苦しくなってしまう。
そんなに感情的になるまで、お母さんは疲れているんだなぁ、と同情もするし、なんともはや......。

2003.10.27

真面目に
最近のニュースより

夕方あきらを迎えに行くと、ほっぺたに涙のあとがついていた。「急に寂しくなって、かちゃに会いたくなっちゃったの」とのこと。母親の顔を見たらほっとしたのか、またポロポロ泣き出してしまう。保育園で特に何かがあったというわけではなさそうだったので、安心するとともに、まだまだ母親に甘えたい4歳という年齢のことを考える。

そして思い至るのが、4歳の男の子が18歳の高校生に虐待されて亡くなった事件。
男の子は、亡くなる5日前、通っていた保育園の園長に、「お母さんといっしょにお風呂に入ったり、抱っこしてもらったり、いっしょに寝たりしたい」と訴えていたそうで、それを伝える新聞記事を読んで、私は涙があふれた。4歳ならば、与えられて当然の愛情を与えられることなく、叩かれて、死んでいってしまう子の生って一体何なんだろうと思ってしまう。
中でも、私がこの事件でショックを受けたのは、母親の心の暗闇だった。わが子が殺されたことよりも、犯人の高校生と離れることが大きな意味を持つまでに、どうして母親はのめり込んでいったんだろう。なぜ、そんなにも愚かに、人に依存してしまうんだろうか。
暴力に依存している高校生と、その高校生に依存している母親。だれもが何かに依存しなくてはいられないものなのかな。
犠牲になったのが4歳の子どもであっただけに、後味が悪く、重苦しい気持ちが続いている。

##

久しぶりに矢島先生宅。
矢島先生は「有栖川宮」の事件で、動揺しているらしい。
まるでマンガのような事件なのに。なんで? どうして? 
かくかくしかじか、と説明を受け、ある程度納得しつつも、影響力を持つ事柄は人によって違うのだなぁという感想を持った。

どこかに明るいニュースはないものか。

2003.10.26

イルカの目

朝起きて、おでんを鍋いっぱいつくる。
おでんと言えば、必ず思い出すのは、中学時代の友人Sの話。
Sのお母さんがつくったおでんを、ちょっと留守にした間に飼い犬がペロリとたいらげてしまい、「このバカイヌがっ!!」と激しく叱られたという、ただそれだけのことなのだが、20年以上経った今もなぜか忘れらない。なんでだろう。立場なさそうな、しょんぼりした犬の姿が、頭から離れない。

##

午後から、油壺マリンパークに行く。
友人のI 子から、ぜひ行くようにと勧められていたのだ。なるほど、相模湾を臨む、のんびりしたいい水族館だった。イルカもペンギンもアシカも、ごく近いところにいるので、柵から身を乗り出すと触ることができる。実際に、イルカは近寄ってきて、手(ヒレ?)を触らせてくれた。思っていたよりも硬かった。白いおなかを上向けて、甘えてみたりと、驚くほど人懐こい。黒目がちな瞳は、瞬きするとほんとうにかわいいのだ。
目を見ると、「魚じゃなくて、やっぱり哺乳類なんだなぁ」と思う。

夜8時ごろに帰り、つくっておいたおでんを食べた。このときもSの家のイヌの話を思い出す。

2003.10.25

ご飯のおかず

土曜日。
お昼ご飯に、ダンナが近所のスーパーで買ってきた「リゾットコロッケ」を食べた。
イタリアンのライスコロッケのようなシロモノで、結構おいしかったのだが、ご飯のおかずにご飯を食べる、という初めての体験に、違和感がぬぐえない。例えて言うなら、サンドイッチの具にパンがはさまってるような感じ?? 

##

最近、あきらがひらがなに興味があるようなので、ジャスコの本屋にひらがなの練習帖を探しに行く。彼は4歳だが、4歳児用のワークブックはとても無理。3歳児用を見ると、こちらも今のあきらにはまだ難しそう。結局、2歳児用のものを買う。話には聞いていたけれど、今時の幼児教育熱にびっくり。自慢じゃないが、私なんて、小学校に入るまで自分の名前すら読めなかったぞ。

2003.10.24

電車の中の時間

最近、月に5〜6回ほど東京に行く。片道1時間半ほどかかるのだが、電車の中は本を読んだり、音楽を聴いたりするのにとてもよい空間なので、なかなか有意義な時間だ。この時間が欲しくて、東京の仕事をしているようなところもある。
主婦の生活でも、布団を干したり、階段を拭いたり、家族の服を洗って干したり、意外なほどなんやかやとあって、本や音楽のための時間は意識しないと作り出せない。勤めていた頃とそう変わらないなぁ、というのが実感です。
本日は編集作業のため渋谷。

##

全国共通百貨店の商品券をプレゼントしてもらったので、渋谷に行ったついでに、西武百貨店をブラブラしてみる。しかし、すき家と古着で暮らしている身には、PRADAだのCOACHだのは、なんだかあまりに世界が違いすぎて、笑ってしまうくらいなのだった。渋谷では何も買わずに、茅ヶ崎の古着屋で、マフラーとシャツを買う。マフラー500円。シャツは2500円のところが、2割引きで2000円。

2003.10.23

えいご漬け

がんばって原稿2本脱稿。今回は長かった。

カーネーションのライブチケット予約する。あきらの分も含め3枚で、1万2670円。
バンバンお金が出て行く10月である。

昨日買った「えいご漬け」という学習ソフトがよくできていて、ダンナといっしょに勉強中。これで二人そろって、コンプレックスに満ちた英語人生とおさらばできるかもしれない。ぺらぺらになった暁には、遅ればせの新婚旅行で海外にでも行きたいもんだ。

2003.10.22

運動会

あきら運動会2日目(あきらの保育園は、3日に渡って運動会がある!)。
雨のため、ホールでダンスや競技をする。あきら、びっくりするほどダンスが下手。ゲームも負ける。散々であった。しかし、当人は、そのことについてぜんぜん自覚していない様子。

午後、二人でコンピュマート。連載ネタ絡みで、デジカメ関連のソフト1本買い1万円払う。ほかに、悩んだ末に、「えいご漬け」という学習ソフトを買った。今度という今度こそ、英語のコンプレックスから抜け出すのだ!

2003.10.21

サイドバイザー

随分前に注文していた(マティスの)サイドバイザーが届いたとの知らせを受けて、修理工場まで取り付けてもらいに行く。
しかし、どうして私はサイドバイザーが欲しかったのか、今となってはよく思い出せないのだった。たしか「カッコイイ」と思っていた節があるのだが、とりつけてみると「う〜ん?? そうかなぁ?」
取り付け費用込みで、1万2600円。

2003.10.20

貧乏

やっと予約がとれたので、藤沢市民病院へ。やはり「よくわからない」という診断。
「皮膚科でもらったステロイド剤は、症状を悪化させるので使わないように」とのこと。
2100円払って帰る。
この10日間で初診料や検査料ばかり2万円ほど払ったので、10月のしょうこは貧乏だった。

貧乏なところへ持ってきて、パソコンがぶっこわれてしまい、何かと物入りな10月なのだった(涙)。

2003.10.19

いつもの日曜日

朝、昨日買ったハーブの苗を庭に植える。

午後には古着屋へ。アメリカに買い付けに行っていたオーナー夫婦が帰ってきたところで、さっそくトレーナー(私の)やジャケット(ダンナの)などを買った。
パソコンショップで、中古マシンを物色。

夜は、ダンナの強い希望ですき家へ。一人暮らしの長いダンナは、ときどき強烈にジャンクフードが食べたくなるのだそうだ。
今日は、いつもの平和な日曜日だった。

2003.10.18

お祭り

あきらの保育園のお祭り。
午前中にマドレーヌを届け、午後から3人で自転車に乗って行く。

あきら、バザーでハーブの苗、小さな植木鉢の飾り物、ビーズの指輪を買う。200円。
在園児と保護者、卒園児が入り混じり、大変な混雑。なかなか食べ物にありつけず、なんとかヤキソバとカレーライスと焼きおにぎりをゲットする。マドレーヌは売り切れて、もうなかった。あきら半泣き。仕方なく、家に帰ってから、家族のためにもう一度マドレーヌを焼いた。

##

晩御飯は、大根と豚ばら肉のオイスターソース煮込み、豆腐とワカメの味噌汁、サラダ、出し巻き卵。
夜、ジャスコにボーリングゲームをしにいく。

##

デジタル連載仕込み。


2003.10.17

雑記

あきらを連れて渋谷の編集部へ。
停車中のサンライズエキスプレスを見せてやりたかったので、品川経由で行く。そして、今日初めて気がついたが、品川駅からは東京タワーがよく見えるのだった。

夜は、明日のバザーに持っていくマドレーヌを焼く。失敗作を3個食べる。

##

JAF MATE」届く。いつも思うけれど、この表紙の写真は秀逸。今回はデブネコちゃんの写真で、さほどネコ好きというわけではない私も、「かわいいなぁっ」と微苦笑。
こういうネコなら飼ってもいいな。イヌもネコもデブがいちばんだ。スリムなかっこいい、隙のないイヌネコには、どうも共感できない。隙だらけ、欲望だらけの生き物が好きだ。
そして、今日はカーネーションのファン会報誌とおまけカセットも届いた。阪神タイガースのハッピに身を包み、目をうるうるさせている大田氏(ベース)の写真も絶品。

2003.10.16

マメマメしい一日

めそめそ日記を読んで同情してくれたみなさま、すみません。ありがとう。
名古屋のKにいたっては、日記が更新されていないので、生きているかどうかだけでも連絡くれとあって、うれしいです。
生きていますよ〜。この状況に対する怒りのエネルギーで、活力に満ちています。

さて、今日は久しぶりの快晴。
洗濯機を4回回し、シーツやバスマットやトイレマットも洗う。
トイレを掃除して、アルコール消毒する。
掃除機をかける。
エアコンのカバーを外して、内部にも掃除機をかける。
原稿仕事と、デジタル連載仕込み。
途中、コピー用紙が切れたのでジャスコに行く。

##

乙女座の一人であるダンナも、運勢は急降下中。しかし、こんなときでも、ザウルスの星占いソフトは「絶好調」と告げ続けているので、ソフトへの不信感が芽生えたらしい。
私については、「芸能界で成功する」とあって、端から信用していなかったのだ。ゲーノーカイ、って何ソレ? 「売れない単行本が出る」と言ってもらうほうが、1024倍うれしい。ちなみに、ソフト代250円。


2003.10.15

ラーメン

仕事で、代官山、表参道、渋谷。
最近のめそめそ気分を跳ね飛ばすように、元気を出して大またで歩いた。
明治通りには、ラーメン屋がいっぱいある。
思うに、このめそめそ気分は、食べたいものが食べられないことにも起因しているようだ。熱々のとんこつラーメンとか天婦羅うどんとかを、ちゅるちゅるちゅる〜と啜りあげたい。そうしたら、今の倍くらいの元気は出ると思うのだがなぁ。
ストローでビールを飲む情けなさといったら!

デザイナーT嬢に、約束していたカーネーションのMDを渡す。

2003.10.14

引き続き不調です

具合悪し。血液検査する。
しかし、仕事はあるのだった。
乙女座は試練の時だ。
ほかの乙女座のみんなは、大丈夫か? (ダンナはダメそうだ)


2003.10.13

連休最終日

抗生物質は効いているのか、いないのか。頭痛はとれず。
寝たり起きたりの一日。
天気も悪いし、せっかくの3連休はいまひとつだった。あきらにはかわいそうなことをした。
せめてもと、パトカーの乗り物に乗せてやりに、ジャスコのゲームセンターに行く。
小さなボールを転がして、液晶画面上のピンを倒すという、ボーリングゲームもあったので、ダンナとあきらで1回やる。あきら楽しかった様子。いつか親子で本物のボーリングに行きたい。

ジャスコで、バザーのお菓子作りの材料を買う。

##

デジタル連載仕込み。

2003.10.12

伝道中

痛みや膿みがひどくなるので、藤沢の救急センターへ。
やはり原因は不明とのこと。リンパ腺が腫れているらしいので、抗生物質を処方してもらい帰宅。一体、どうなっちゃっているんだろうか? 

##

今日は、兄の誕生日祝いをするために、当人を茅ヶ崎に呼び寄せていたのだった。
エバンジェリストとして、さっそくビルケンシュトックの店に連れていき、自腹で23,000円の靴を買わせる。そういえば、ダンナのビルケンシュトックについた糞は、なかなかとれずに難儀したらしい。いくら洗っても、しばらくすると足元から肥やし臭が立ち上ってくるのだそうだ。気をつけよう。
夜は浜中華。

2003.10.11

牧場に来たよ!

ダンナ出勤。

唇は腫れたままで、頭痛もひどい。朝一でいつもの内科へ。
すると、皮膚科や内科ではなく、「口腔外科」というところに行くように勧められた。
茅ヶ崎ではどこにあったんだっけ? でも、今日はまず、あきらの耳鼻科を優先。口腔外科は連休あけに回す。
思うに、この体調不良は、9月半ばの高熱からずっとだらだらと続いているのだった。何かのウイルスかなぁ? 

##

出勤時のどたばたで、ダンナが犬の糞を踏み、そのまま気がつかずにマティスに乗ったようである(毎朝、マティスで辻堂駅まで送っているのです)。
ダンナを駅で降ろしたあと、車の中が牧場のような匂いがした。
ダンナのビルケンシュトックも臭いんだろうなぁと、わざわざ電話して、「足底臭いでしょ、ウシシシ」と指摘すると、「あっ、ほんとだ!」
糞だと思うと腹が立つので、牧場に遊びに来た気分になろうと思う。
これが、いろいろな厄落としになるといいなぁ。
ちなみに、ビルケンシュトックは、ホントにいい!
靴がこんなに快適だと感じたのは、初めてだ。食器洗い機についで、ビルケンシュトック・エバンジェリストになってしまった。

##

なんだか夕食を用意する気力がない。お隣のSさんが、あきらと私に食べさせてくれるといいなぁなどと、ぼんやり考えてみる。Sさんは、ときどき煮物なんかをおすそわけしてくれるのだが、それがおいしいのだ。
「おなかすいちゃって、食べるもの、作る元気もないので、食べさせてくれませんか」
と訪ねて行ったら、さぞ驚くんだろう。

2003.10.10

乙女座は低下中

今朝起きたら、唇が腫れて膿んでいた。水泡もできていて、あきらもためらってチューしてくれない。悲しい。
何かの奇病かと思ったが、皮膚科では風邪ではなかろうか? との診断。おっかない風邪だ。頭痛もするので、ステロイド剤を処方してもらう。あきらはあきらで、中耳炎が再発。耳鼻科に行くと、臨時休業だった。
私を始め、周囲の乙女座はバイオリズムが低下中だ。

##

原稿1本脱稿。

2003.10.09

落とし穴

矢島先生宅。

ところで、キーボードがちゃたって、仕事になりません。たった1行を書くのに、何度も何度も打ち直す。
どうしよう。このパソコンを修理に預けたら、仕事が全部ストップしてしまうし......。
買ったときには、こんな落とし穴があるとは思わなかった。
ノートパソコンにキーボードをつなぐのって、なんだかすごく間抜けな感じだが、当面そうするしかなさそうだ。カッコわる〜...。

2003.10.08

続くものです

寝坊しないようにしなくっちゃ、と思うあまりに、朝4時半に起きてしまったので、なんだか眠くてだるいです。甘い卵焼きやウインナーや、おにぎりやなんかを詰めたお弁当を持って、彼は、横須賀の油壺マリンパークという所にいくらしい。察するに、これは水族館ですね。無事に送り出して、一安心。ふぅ。次なる難関は、バザーに出すお菓子づくりだ。

##

メインマシンであるノートPCのキーボードが、購入から1年半、とうとうチャタるようになってしまって、作業ペースが激落ちです。特に「 i 」の字。困った。心なしか、FEPの反応も遅くなっているような.......。キーボード交換しなくちゃいけませんな。ちなみに、ダンナのノートPCもチャタりがひどいらしい。
壊れるときは、一気に壊れるもんだ。ストーブといい、CDラジカセといい。
あとは、食器洗い機が壊れないように祈るばかり。あれがやられたら、わが家は大変なことになってしまう。

2003.10.07

寒いと悲しくなるのです

曇り空の寒い日。
午前中、真面目に編集仕事など。そのうちに昼になったが、家には食べるものが何もないのだった。寒さも手伝って、とたんに無気力になり、しばらく床にひっくり返っていた。寒さと空腹は私を打ちのめす。そのうちに、いよいよお腹が空いてきたので、目に涙をためながら近所のスーパーに行き、食パンやチキンカツやウインナーを買う。

さらに、今日はガスストーブが壊れたので、エネスタに出張してもらう。
このストーブは、ダンナが8年ほど前に中古で買ったもので、今日聞いたら、24年前の製品だという話。「危ないから、もう使わないでください」と回収された。出張費1890円也。

昨日の夜は、CDラジカセも壊れた。
喘息用の吸入器も新調しなくてはならないし、いろいろと物入りである。

##

しょぼしょぼなことを書いているわりには、けっこう元気なので、ご心配なく。
明日は、あきらのバス遠足。いつもより30分も集合時間が早いし、お弁当もつくらなくちゃいけないしで、お母ちゃんは緊張気味。寝坊しないようにしなくっちゃ!
夕方から、遠足用のおやつを買いに、あきらとジャスコに行く予定。

2003.10.06

リハビリの一日

あきらは、昨日の疲れもあったので午前中だけ保育園に行き、午後は自宅でのんびり。
アマゾンから「裏庭」(梨木香歩)が届いたので、昼寝するあきらの横で読み始める。
親子で、少しずつ日常に戻っていく感じ。

##

デザイナーのT嬢とメールで雑談。カーネーションのパーティのことを話すと、「聴いてみたい」というので、今度MDを持っていく約束などして、広報活動にいそしむ。

##

お風呂上り、顔パックが乾ききらないうちに、ダンナから「駅についたので(マティスで)迎えきて欲しいなぁ」コール。
少々悩んだが、闇夜に隠れて、そのままいくことにした。
我ながら、なんてよい女房なんだろう。ダンナはこんな嫁を持てて、海よりも深く感謝していることだろうと思う。

2003.10.05

スペシャルな一日

横浜新道+首都高で秋葉原。首都高はいつも迷う。本町で降りたかったのに、気が付いたら西神田だった。どこで間違えたんだろう。
ダンナは、いそいそと電気街へ。
あきらと私は、交通博物館。

##

夜は、横浜サムズアップで、カーネーションのツアー打ち上げパーティ。
最年少の客ということで、あきら、メンバーからぬいぐるみのプレゼントをもらい、親のほうが舞い上がる。家宝にしようと思う。
ライブはアットホームな感じで実によかった。
この週末はなんだか、ウソみたいだった。明日から、日常に戻らなくっちゃなぁ。

2003.10.04

祭りが終わって

呆けたような一日だった。
午後からヤマダ電機へ行き、ダンナへの遅ればせの誕生日プレゼントに、展示処分品のデジカメを買う。

2003.10.03

待ちに待った......

万難を排して、渋谷はクアトロへ。

2003.10.02

静かな一日でした

あきら、咳のためにお休み。
横で遊ばせながら、編集仕事などする。

2003.10.01

真面目に仕事のことなど

渋谷で仕事。
久しぶりにデザイナーのM氏に会った。
M氏は、2年弱、エッセイ連載で一緒にお仕事していた方で、今はAD(アートディレクター・表紙や雑誌全体のトータルイメージをつくる)としてご活躍な様子。

長期におよぶ仕事では、信頼関係がとにかく大事だなぁと思う。
約束を守るとか、わかりやすい指示をする、とか、連絡をマメに入れるとか、率直な意見を言う、とか、何よりも、いいものを作りたいという気持ちを持つ、とか。
その意味では、向こうもこちらに対して信頼の念は持ってくださっているようで、それが嬉しくなる。一生懸命やっていると、応えてくれる人も、中には稀にいるんだなぁ、と......。
そうじゃないことも多いですけれどもね。

##

渋谷で帽子買う。7000円。

9月のしょうこを読む