目次に戻る


2003.09.30

本音

仕事で秋葉原。

##

夜、I 家のウタノちゃんを預かる。ご夫婦そろって仕事のため。
ウタノちゃんは、ダンナのことが気に入っているのだが、生憎、こちらも仕事で留守。
会えずに、残念がっていた。
小さな子どもとはいえ、ダンナが人気者だという話は、ちょっとうれしい。
会社ではどうなんだろう? もててもてて困っちゃうけれども、女房しか目に入らない、というのが理想的なんだがなぁ。

##

明日は渋谷。最近、忙しい。
こういう忙しさは、私の体質と合わない。
正直な話、もっとダラダラしていたい。

2003.09.29

マジですか?

免許の更新のために、マティスで二俣川へ。
マティスは、最近、トリップメーターの調子が悪い(しつこいようだが、新車なのに!)
サンルーフは雨漏りするは、シートベルトには違う部品がついていて締まらないはで、まったくもうっ、って感じなのだが、それでも、マティスはいい。
出来が悪い子ほどかわいい、やつでしょうかね。
ちなみに、マティスは流れ流れて、今、GM資本になっております。♪ドナドナドォナ〜ドォナァ〜

で、免許証。マジですか? というくらい酷い写真になってしまって、かなりがっかり。
あきらに見せると「かわいくないねえ」。率直な意見は、何時もありがたいのだ。

2003.09.28

ジムノペティ

原稿書けず、半徹夜。
朝日が、体に痛いです。
どうにか2本脱稿し、産卵後の鮭みたいになる。

##

夕方、家族で食料品の買出しにサティに行く。 BGMは、「ジムノペティ」(ダンナの鼻歌)。
産卵後の鮭のぼーっとした頭で後部座席に揺られていた。

しかし、気がつくと、夫婦の財布を合わせて2000円ほどしかなく、しかも銀行のATMも閉まっていて、ほとんど買えない。ダンナ、とたんにしょんぼりするので、あきらといっしょに慰める。カゴの中を厳しく吟味したうえで、梨、生春巻き、食パン、サンマ、鶏肉のお総菜などを買う。

##

明日は免許の更新に、神奈川県の運転試験場まで行くこと。

2003.09.27

キャミソール

ダンナは、「キャミソール」が好きなんだそうだ。私にも着て欲しいなぁ、と言うので、「バッカじゃないの?」と鼻で笑うと、「おとこってのはなぁっ」云々と、語る、語る。
なんでも、「キャミソール」という言葉の持つ語感に、キュン、となってしまうんだそうです。特に、「キャ」と「ミ」。

##

茅ヶ崎市地域医療センターであった喘息勉強会に家族で参加。その後、古着屋に遊びに行き、辻堂駅前の広東料理店浜中華で夕食。大根餅と、焼きビーフン、テンメンジャンの肉丼、パイの皮をかぶせたカニとコーンのスープ。

##

インフォシークのニュースによると、野口五郎が9月26日に新曲を出したそうで、聞いてみたいなぁ、と思う。

2003.09.26

私のバカバカ

頑張って、夜中、原稿を書こうと思っていたのに、あっさり10時半には寝てしまった。
いったい、何をやっているんだ、私は。
今時の小学生よりも早く寝ている。
焦れば焦るほど、眠くなるのは、なぜ?

##

あきらの服と靴を買いに行く。
本人が欲しがるものは、全部女の子用のものばかりなので、比較的リボンやフリフリが少ないTシャツとズボンを選んで、買ってやった。

2003.09.25

寂しい魚屋さん

仕事で、ギャル盛りだくさんの渋谷へ。

##

ダンナが激しい鼻血。止まったと思うと、また噴き出してくるらしい。
もし死んじゃったら、どうしたらいいんだろう、と心細くなる。

##

あきらとの会話より。

「ボクは、一人暮らしのお魚屋さんなの。
一人で起きて、一人でお布団を片付けて、
一人で、お魚を売るの。
だあれも買ってくれなかったお魚を焼いて、一人でご飯食べるの。
お魚が全部売れてなかったら、スーパーに行って、お肉と牛乳と卵を買うの。
そんで、一人で、ご飯作るの。
一人でお風呂はいって、一人でホットカーペットつけるの。
一人でお布団敷いて、一人で寝るの」
「ひゃぁ、なんだか寂しいねぇ」
「うん、寂しい」
心細い気持ちが、さらにさらに深くしんみりしてしまうようなお話。
大丈夫か、あきら!?

##

原稿まで煮つまり気味。
うううぅぅぅ......。

2003.09.24

泣きやまず

家で仕事をしていると、ダンナの壊れかけのPowerBookが、突然、「ぴぃぃぃぃ〜〜!!」と鳴り始めた。
再起動しようとしても、キーが反応しない。バッテリィーやHDDの外し方もよくわからない。仕方がないので、しばらく放っておいたが、うるさくてしょうがない。困った。
「2階に持っていって、布団でぐるぐる巻きにしてしまおうか」とも思ったのだが、元Macintosh専門誌の編集者として、あまりにもあまりだなぁ、と自尊心が許さなかったので、どうにかこうにかがんばって、大人しくさせた。ふぅ。

##

江戸東京博物館の「東京流行生活展」に行きたいと思っているのだが、なかなか時間とれず。11月1日(土)は、パパイヤ鈴木とおやじダンサーズの真昼のディスコパーティもあるらしいぞ。いいなぁ、行きたいけれど、混みそう〜。

2003.09.23

のんびりした一日

祭日。秋晴れのよい一日だった。3人で庭掃除。
昼ご飯には、冷凍しておいたカレーを食べた。

##

元同僚のKから「誕生日まとめておめでとうメール」をもらう。奥様がこの日記を読んでくださっているとのことで、どうもありがとうございます。喘息児の母親には、気がかりな天気が続きますが、お互い、気楽にがんばっていきましょう。

##

古着屋に行き、この前買ったズボンの直しを頼んだ後、ダンナがコンピュマートに行きたがるので付き合う。たっぷり時間をかけて物色した挙句、さらに悩みが深くなったようだった。

西友で、サンマ丸干し3尾100円。豆腐100円、シーフードミックス1袋100円を2袋、ロールパン、パピコなどを買う。あと一日で給料日だ。給料が出たら、あきらに靴を買ってあげよう。

2003.09.22

ネコかぶりマティス

寒い一日。ホットカーペットを出して敷く。

昨夜、マティスが妙なドンドコ音を発していたので、車屋に持ち込む。
しかし、ネコをかぶっていいコにしていたので、ドンドコ音は再現せず。むぅ。

あきらとレゴで延々と遊ぶ。

2003.09.21

誕生日(続)

今日は、ダンナの誕生日。おめでとう。
共通の友人であるI 子から、「まとめておめでとう」メールが届く。
ちなみにI 子のカレシは、明日誕生日で、その弟は明後日誕生日なのだそうだ。
縁の不思議ですね。

周囲を見渡すと、誕生日が同じとか、一日違い、とかいう夫婦&カップルは幾組かある。
「わぁっ、誕生日、一日違い? これって赤い糸で結ばれているのかな」
とか、そういう、ちょっと勘違い系もなかにはあるのかも知れないが、ただそれだけじゃなくて、やはりバイオリズムとかの波が一致していて、相手を理解しやすいのではないかなぁと思う。

##

ダンナが誕生日プレゼントを買ってくれるというので、横浜新道と第三京浜と使い東京・原宿のAssistOnへ。3Dカメラにちょっと心惹かれつつ、結局、横浜でペンダントを買ってもらう。
ダンナにも何か、と思うのだが、欲しい物を聞いてみても、各種デジタルグッズの間で、激しく心が揺れ動き、悶絶するばかり。今のところ決まらず。

##

武田泰淳『目まいのする散歩』がアマゾンから届き、さっそく読み始めるが、たいへんに面白い。何が面白いって、妻である百合子さんの破天荒ぶりがである。激しい夫婦だ。

2003.09.20

誕生日

今日は、私の誕生日。おめでとう。
35歳になった。
私は、かっこいい大人になれてきているのかなぁ?

##

今日は、JR東日本鎌倉総合車両所一般公開日。あきらに以前から連れていってあげると約束していたのだった。
ちなみに、ダンナは出勤。
病み上がりだったが、あきらを失望させたくなかったので、薬を飲んでがんばって行く。

大船から湘南モノレールに乗り、湘南深沢駅で下車。ホームから見下ろすと(モノレールなので、ホームの位置が高いのです)、車両所までの道を、鉄道マニアが蟻のように、ぞろぞろ列をなして歩いていた。
車両所では、車輪の上に車体を乗せ替える作業を行っていた。もと車両工場だけあって、さすがにスケールが大きいなぁと、感心する。

おみやげにもらった、行き先案内表示(各車両の上部にある)。実際に使われていたものだそうです

##

叔母から手紙も届く。
叔母は詩作が趣味で、これまでに何冊か詩集を自費出版している。その中のいくつかは賞をとったりもしたようだけれど、結局はアマチュアのレベルにとどまっていた(今のところ)。
だからなのか、私の仕事についても、「お金をもらえるか、もらえないかの違いは大きい」と言っていて、さらには「来た仕事は断っちゃダメよ。生意気だって思われるから」。はい、そうですね......。がんばります。

手紙のほかに、「好きなものを買いなさい」と3000円の商品券も入っていた。パートで働く初老の叔母よりも、今の私は稼いでいるだろうに、叔母にとってはいつまでもお小遣いをあげる対象なんだなぁ。こういう優しさをかけてもらうと、なんだか、たまらないものがある。

2003.09.19

風邪続き

引き続き、熱。
泣きながら医者に行き、薬をもらい、こんこんと寝ると、夕方にはラクになっていた。

ダンナが買ってきてくれたウイダーinゼリーとジャムパンを食べる。


2003.09.18

風邪

風邪をひいてしまったようで、39℃の熱。
一日中、うぇんうぇん、泣いていた。
こういうとき、普通大人は泣かないものかもしれないと思うと、心が弱っているだけに、情けなくなってしまう。

2003.09.17

トークライブ行きました

渋谷で編集作業。
その後、家族で渋谷のタワレコまで、カーネーションのインストア・トーク&ライブ。
すでにツアーは始まっているということもあり、トーク&トーク&トーク&ちょびっとライブ、という構成。歌ったのは、2曲のみ。もっともっと聞きたかったのに、つまんなーいっ、つまんなーいっっ!
というようなことを言っていたらば、あきらに
「カッコよかったんだから、そんなこと言って、楽しい気分を台無しにしないの!」と叱られました。そうです、おっしゃる通りです。

2003.09.16

音楽業界の事情

矢島先生と会う。以前、とあることで助けてもらい、今日は、そのお礼にランチをご馳走する約束だったのだ。
先生の売り込み時代の話は、まるでマンガみたいだった。本にしたら売れるかもしれない。音楽業界はタイヘンなんだなぁ。

2003.09.15

連休最終日

ダンナと私、それぞれ連休内の仕事を残したままだったので、交替であきらの相手。
辻堂海浜公園で遊び、湘南モノレールと江ノ電に乗せてやりにいく。今日も一日暑かった。
眠い。

##

懸案の掃除機を買う。15年ぶりの新調。SANYOのサイクロン式にした。ゴミが目に見えてたまるので、気持ちがいい。

2003.09.14

小田原

午前中、3人がかりでマティスを洗車する。
午後から、藤沢のI 家と、小田原城址公園で行われるイベントに現地集合。
洗いたてのマティスで途中まで向かうものの、R134、R1共にひどい渋滞なので、途中で引き返しJRで行く。

小田原城址公園には、小さな遊園地が薄暗い草むらの中に忘れ去れらたように、存在していた。ゴーカート、と豆汽車に乗ると、ほかにはもう目ぼしいものがなくなってしまった。乗り物1回80円。値上げも忘れ去られたままのようだ。あと、コーヒーカップもあったのだが、そこら中をブンブン飛び回る蚊に刺されて、乗らずに逃げ出す。

本日屋台で食べたもの。
韓国チヂミ、鳥のからあげ、串焼き(サザエ、ホタテ、イカ I さんにもらった)、赤飯のおにぎり(I さんにもらった)、ウインナ―入りのピタサンド、卵焼き、ジャージャー麺(まずかった。食べると、口の中が妙なしびれ方をした)、ビール3杯。


2003.09.13

中華料理の日

今日も真夏日。あきらが公園で遊びたがるので、連れて行く。子どもと犬は、外遊びさせてやらねば精神的に害があると考えるからだ。今日も増血剤飲んでがんばる。

しかし、です。なんというかもう、すごい暑さなのです。子を持つ親の修行だと、1時間耐える。どんぐりを拾って帰り、ビオフェルミンの空き瓶に詰めた。

##

昼食は近所のまんぷく亭で、ダンナとあきら ゴーヤと卵の炒め物、私 北京風焼きそば。ほかに煮卵。
夕食は3人で餃子を作って、焼いた。餃子の皮200円、ひき肉300円。

2003.09.12

暑いのに

今日はこの夏2番目の暑さだったそうだ。仕事で東京。
デザイン事務所2軒はしごして、編集部。代官山→表参道→渋谷を回る。
増血剤飲んでがんばる。

しかし、です。35℃の熱暑のなか、こういった街にたむろする若者たちの出で立ちは、「すっかり秋」なんですね。上は黒っぽい長袖を重ね着して、下はGパンの上に、フレアースカート。マスコミにコントロールされ切っているのか、マゾヒストなのか。見ているこちらのほうが、吐き気がしてきてしまいました。
なんかヘン! って思う。

##

昨日のゴミ屋さんの件、

ちょっと不自然だなぁと今になって思う。
@水道なら、ゴミ置き場に近いところに、何箇所もあること
A実は、手は切れていなかったこと

など。
一度、気にすると、とたんに気になり始める。


2003.09.11

ゴミ屋さん

なんとなく気持ちが沈んでいるので、こんなときこそ雑巾がけをしようと思って、しはじめた。雑巾がけは嫌いなので、気分がいいときにやるのは、(せっかくのいい気分が)もったいないからだ。
だらだら汗を流しながら、家中に掃除機をかけて、台所と廊下、階段なんかを水拭きしたら、少し気持ちがすっきりした。

##

そうこうしているうちに、「ピンポーン」と玄関を鳴らす人がいるので、出てみたら、ゴミ屋さんだった。今日は、燃えないゴミの日なので、裏通りに何人かゴミ屋さんがウロウロしていたが、多分そのうちの一人なんだろう。ゴミ屋さんにしては、色白で、身なりもこざっぱりしている。まだ新しい人なのかな。
そのゴミ屋さんが、ゴミを漁っているうちに、割れたガラスに手を突っ込んでしまった。外の水道で手を洗わせてほしいというので、応じる。マキロンを貸してあげようとすると、辞退して帰っていった。

##

原稿少し見えてきて、少し元気になる。
いつもこの繰り返し。


2003.09.10

とりあえず、眠いです

昨日は寝苦しい夜だった。

##

ダンナ、熱で会社を休む。
あきらは、久しぶりに登園。防災訓練のため、午後3時には帰宅するので、ほとんど仕事にならない。
気ばかり焦る。そのうち、眠くなってきたりして、コーヒーを飲んで粘る。

##

いろいろ不調につき(なんでだろう?)、Yahoo! Japanでまた占いをする。
0学占術によると、今年は清算年で、来年から運気が上昇するのだそうだ。ほんとかなぁ......?

2003.09.09

映画版もちょっと見ました

快晴。
自転車で30分、藤沢の I さん宅にあきらを預け、小田急線で都内へ。
夕方戻ると、あきらはI 家の居間で気持ちよさそうに昼寝をしていた。

I さん宅で、映画『乱れからくり』を見せてもらう。CSで放送していたのだそうだ。隕石のシーンは、話に夢中になっていて見そびれた。また自転車で帰る。今日一日で、1週間分の運動をして、1週間分の汗をかいた気がする。

##

ダンナ、39℃弱の熱。
夕食後、倒れこむように寝てしまった。

2003.09.08

引き続き

あきら、熱下がらず。鼻が辛そうなので、耳鼻科へ行く。
子どもが病気だとテンション下がる。
明日、都内で仕事だったので、どうしたもんだか、と悩んでいたら、藤沢の I さんが預かってくれることになった。
あきらは遠足気分で張り切っていて、おもちゃを厳選してリュックに詰め込んでいた。

##

夜、寝るときに、あきらが、私のつけているピアスを見て
「きれいだねえ、いいなあ」。
「きら坊も大きくなったら、つけたら?」
「でも、ボクはだめだよ。だって、ボクは男の子だから、きれいなものとかつけられないんだもん」
あきらの落胆を思うと、悲しくなり、
「きら坊が大人になる頃には、男の人も、もっときれいなもの、いっぱいつけているようになるよ」と励ます。

2003.09.07

パソコンショップで

Macintosh専門誌で編集者をしていたのは昔の話で、今やすっかりWindows派。
でも、久しぶりに、Mac売り場に行くと、中古のiBookが8万円くらいで売られていて、DVDも見られるし、欲しいなぁと思う。不思議なのだが、やっぱり、Macは物欲を刺激するものがある。
仕事ネタで、タブレットを買う。ソフト込みで4000円。

##

あきらが「セミって刺す虫だっけ?」と聞くので、「刺さないよ」。
すると、「そっか、セミは鳴いて死ぬだけの虫だよね」。
そのとおりなので、なんだかかわいそうな気がした。


2003.09.06

ナメクジの夢

ダンナ出勤。

あきらがだるそうにしているので、熱をはかると、38℃あった。
その後、熱はどんどん上がり、39℃を越え、一日ぐったりと布団に入っていた。私はあきらの横で、『富士日記』。

あきら、うつらうつらして起きてきて、「ナメクジの女の子と、東京の博物館でデートする夢をみた」という。「なんで、女の子だって、わかったの? リボンしていたの?」と聞くと、「リボンはしていなかったけど、僕には、女の子だってわかるんだ」。

2003.09.05

車窓雑感

昨日は、KIHACHIでごちそうになってしまった。かたじけない。
念願どおり、新幹線の中でコーヒーも飲めたし、満足満足。

新幹線から車窓の風景を眺めていると、小学校時代の社会科を思い出す。
駿河湾は製紙工業が盛ん、知多半島は温暖な気候を利用してメロン栽培が行われている、などなど。かれこれ20数年以上も前の知識なので、今、どうなっているかは知らない。
私は、勉強が好きな子どもだった。世界は謎に満ちていて、勉強をすることで、その謎が一つ、また一つと解決されていくのが楽しくてしょうがなかった。
名古屋往復の道中、本も読まず、音楽も聴かず、ずっと田舎の風景を眺めながら、私の知らない人々の暮らしに思いを馳せる。

##

今日は、原稿1本脱稿。
イラスト発注等。

夜、テレビで「本当にあった怖い話3」をチラチラ。怖くて途中でチャンネルを変えてしまうので、結局最後まで見れた話はなかった。

2003.09.04

泥棒の話

夜半、泥棒に入られる夢をみて起きてしまったので、これを書いています。

仕事机の引出しをしっちゃか めっちゃかにされて、一眼レフとデジカメを盗まれた。今時中古のカメラなんて、ほとんどお金にならないのに、バカだなぁと呆れ、そして、「カメラが一つもないと都合が悪いし、新しく買わなくちゃいけないな。何がいいかな、デジカメの一眼もいいな」とか、あれこれ考えているという夢だった。
夢診断するに、要は、「新しいカメラが欲しい」っちゅうことのようです。

ところで、私は18歳のとき、ホンモノの泥棒と鉢合わせしたことがある。
朝、起きて、いつものように階下に行ったらば、泥棒がいた。そんなときでも、泥棒が茶色いメッシュの靴を履いているとか、細かいことはちゃんと目に入るもので、「家の中で靴を履くな!」と一喝すると、泥棒は玄関から素直に出て行った。被害は、玄関脇の窓ガラス1枚。

そのあと、京都の下鴨警察署で事情聴取を行い、似顔絵をつくった。似顔絵描きの捜査官は、「協力してくれたお礼に」と、私の似顔絵も描いてくれたが、これがどうにも指名手配犯タッチになってしまう。作風はそうそう変えられないらしい(文章もそうです)。父親は嬉しげに額を買ってきては、部屋に飾っていたっけなぁ。娘の私から見ても、ちょっとピントがずれている人だった。そういえば、あの似顔絵、どこへいったんだろう。

##

本日、名古屋日帰りの予定。新幹線の中では、ぜったいにコーヒーを飲もう。私は、車内サービスのコーヒーがなぜか大好きなのだ。


2003.09.03

ウソついちゃいました

湘南モールへ行って買い物。「顧客カードをつくるから、住所、氏名、生年月日なんかを書いてくれ」と用紙を渡されたので、2歳サバよんで記入しておいた。しかし、それでも33歳。どうみても10代から20代向けの店なので、サバをよんだ意味が、あんまりないなぁと思った。2歳というのは、控えめすぎたかもしれない。8つくらいサバをよんでおけばよかったかもしれない。罪のないウソをつくのは楽しいものだ。


2003.09.02

黒酢で美人

ドラッグストアで黒酢を買って、昨日から飲んでいる。某誌で、篠原涼子が黒酢を飲んでいると言っていたからだ。
毎日飲んでいたら、ひょっとして篠原涼子みたいに色っぽくなれるかもしれない。今日は3杯飲んでみた。

##

そして、今日は、久しぶりに矢島先生宅でピアノ。
自作のメロディに、コードをつけたりして遊んだ。
ほかには、原稿整理。編集仕事の9割は雑用である。


2003.09.01

地味な日々

乙女座の私は、現在幸運期真っ只中のはずなのだけど、その割には、地味な毎日。

たとえば、
昨日は、そうめんを茹ですぎてしまった。主婦になって以来、もったいなくて食べ物を捨てることができないので、余った分はタッパーに入れて冷蔵庫にしまっておいた。
今日みると、3人で1食分にするには足りないように思えたので、さらにもう1束茹でて、ニラと卵と焼き豚を入れて炒めてみた。ところが、出来てみたら、3人で食べるにはやっぱり多かった。
余った分をどうしよう。

こんなことで、私は、いつもやきもきばかりしている。頭が悪いのかもしれない。


8月のしょうこを読む