目次に戻る


2003.05.31

雨漏り

台風。強い雨と風の一日だった。私は庭の枝豆が心配でならなかったのだが、もっと深刻に心配すべきものがあったらしい。
それはウチの激安韓国車だ。
夕方、雨が小ぶりになったころ、車に乗り込もうとすると、なんとサンルーフの隙間から雨漏りして、運転席が水浸しになっていた。

オーマイガッ! 

家族3人呆然となる。

2003.05.30

クッキーの正しい食べ方

今日は、母の命日。母の中学時代からの友人という方が、クッキーの缶を送ってきてくださった。甘いものが好きな母は、クッキーを食べるとき、まず缶のふたのぐるりについている透明のビニールテープをていねいにはがす。クッキーを何枚かお皿にとりわけると、再びていねいに貼る。食べるたびに、それをくり返す。湿気防止なのだと主張していた。クッキーが底をつくころには、ビニールテープもよれよれになっているのだが、私たち子どもは、それをクッキーの正しい食べ方なのだと信じていた。
ケーキを2個買ってきて、1つを仏前に供え、いっしょに私も1つ食べた。

##

宅配牛乳屋さんがやってくる。
おとといは、「1、2週間後に空き瓶を受け取りに来ます」と言っていたくせに、まだ2日しかたっとらん。
不意打ちをくらって、試食に弱い小心者の私は、「え、えと、じゃあ、一日1本で。ハイ」とやはり頼んでしまった。でも、なんとなく、この古家には宅配牛乳が似合うような気がする。茅ヶ崎暮らしの、日々の小さな楽しみにした。

##

髪が伸びて、ゲゲゲの鬼太郎のようになってしまった。切りたいのだが、どこで切ったらいいものか悩む。近所はこじゃれた美容院が20件くらいある。ありすぎるぐらいだ。なので、どれを選んだらいいのかわからない。美容師さんと、うわべだけの会話をするのもタルい。

##

同業Y子さんが、食器洗い機を導入! ブラボー! 私の伝道も一役買ったと聞き、満足にたえませぬ。
イラストレーターM子も、Kも、早く導入したらいいのになぁ、と陰ながら思う。
食器洗い機があれば、夫婦喧嘩が5分の1に減る。
――というようなことを、家電メーカーはCMすべきだ。


2003.05.29

ドラスティックな変化を期待していたのに

メガネふきが毛穴の汚れ落としに効果がある
と、テレビで紹介されたのだそうな(みなさんご存知でしたでしょうか)。
ダンナが教えてくれた。

メガネふきなら山ほどあるので、ここ3週間ほど試しているところなのだが、うぅ〜ん、どうでしょう。きれいになったかなぁ??
炭の石けんも毛穴の汚れによいというので併用中。でも、さほどの効果はないような気がする。
つまらん。もっとドラスティックに美しくなれるものはないのか。

##

今日も快晴。


2003.05.28

宅配

枝豆(23日目)

家にいると、小岩井牛乳のセールスのおじさんが、宅配牛乳のサンプルを持ってやってきた。
サンプルとかおまけとか試食とかに弱い私であるので、やっぱりもらってしまう。牛乳2本とヨーグルト1本。今時珍しい瓶入り。レトロな感じ。正規に購入した場合、この3つで300円ほどで、スーパーで買うことに比べると格段に高い。しかし、毎朝、カラン、という音とともに、牛乳が届くのもちょっと楽しそうだなぁとも思う。
あきらと特別意味もなく牛乳瓶を開けて飲んでみた。ふつうの牛乳の味だった。

##

それはそうと、ウチでは、引っ越しからこっち、いまだに新聞をとっていないのだった。引っ越し当日、あちこちの新聞屋さんが売り込みに来たのだけれども、気が立っていたので、すごい形相で追い返してしまった。そうしたら、それ以来、トント来ない(ホントは、切ない気持ちで待っているのに)。新聞販売店に電話して頼めばいい、とお思いの方もおられるでしょうが、電話帳も届いていないので、電話番号がわからんのです。

仕方がないのでニュースはWebで読んでいて、まあ、それで事足りるのであるけれど、チラシが入ってこない! これはさびしい。チラシは地元情報を得るのに、一番いいメディアなのだ。
たま〜にポストに入っている地元のフリーペーパーを、ダンナと交互に慈しむように読んでは、大切に保管してあったりする(チラシをWebで見られるというサービスにも登録したが、ナシのつぶて)。

2003.05.27

一人でいること

あきらを保育園に迎えに行くと、彼はたいてい、一人で座って絵を描いている。誰かと遊んでいる姿を見たことがない。胸が痛む。早く友だちができるといいなぁ。
親である私は心配する。

一方で、彼は一人でいたいのかな
とも思う。
子ども同士でがちゃがちゃ騒ぐのは嫌いなのかもしれない。

一人でいると周囲は心配する。たとえば、いつまでも独り身でいること、しかり。
けれど、本人はそれについてどうとも思っていないってことも、けっこうある。
賑やかで元気がいいのだけが、いいことでもない、よね?
賑やかで元気がいいというタイプの人でない私は、そう思う。

高校時代は、賑やかで元気がいい学校へ行くのがおっくうだった。なので、あまり行かずに、家で本ばかり読んでいた。今でいうところの不登校一歩手前だったのかとも思うが、当人には「自分が不登校で先生にとって困った存在である」という自覚はなかった。
当時は今ほど、不登校児が多くなかったので、それほどポピュラーな概念ではなかったのだ。
言葉にしたとたん、自他ともに、不登校児になるのかもしれない。
家で過ごすことが多かった父親は、休むことに反対するどころか、遊び相手が出来たくらいの気持ちでいて、平日の昼間、2人でよく四条河原町(京都の繁華街です)あたりをぶらついていた。理解があったなぁ、と今にして思う。

私も、どっしりと、子どもを受け止められるようでいたい。

##

ものもらいができた。痛い。目薬を買いに薬局に行くと、店員さんがいろいろと並べて、「どれも一緒です」と力強く言うので、「じゃあ、一番安いのを」と、ロート抗菌目薬Gを買った。

2003.05.26

今日の昼ご飯

連載とりあえず脱稿。午後、銀行仕事を済ませに茅ヶ崎駅前に。
休日あけの銀行は激烈に混んでいた。

##

駅前のイトーヨーカドーにて、あきらの服を買い、クレープを食べようと地下の食堂へ行く。しかし、振り返って考えてみると、一日中、甘いものばかり食べているなぁ。これはいけないかもしれない、と反省し、もっと栄養のありそうなお好み焼きにしようかと思う。すぐそばで、おばちゃんが、湯気でメガネを曇らせながらお好み焼きを食べていて、それがなんだかおいしそうに見えたのだ。1枚380円。
お好み焼きの列に並んでみるのだが、なかなか列が進まず、そのうち、めんどうくさくなって結局、食べずに帰った。家で食パンにチーズを乗せてチーズトーストにした。あまりぱっとしなかったが、ほかに食べるものがなかったのだ。

##

夕方地震がある。長時間、ゆらゆらと横揺れしていた。ダンナはそのとき、会社のトイレで手を洗っていたそうで、「ウンチしているときじゃなくてよかった」と真顔で言っていた。なぜかは聞かなかった。別にどっちでもいいような気もする。

2003.05.25

雑記

枝豆(20日目)

ダンナ風邪ひき。家でじっと過ごす。頭痛がするというので、ドラッグストアでハッキリエースという痛み止めを買ってきた。小林製薬。小林製薬のネーミングにはいつも感心させられる。独特のセンスのコピーライターがいるんだろう。

##

隣のおばさんから、青ジソの苗をもらい庭に植える。隣のおばさんはさりげなくいい人で、ウチの庭の枝豆が乾いていると、黙って隣から水を撒いてくれていたりする。夕方見ると、土が湿っているので、それと気がつく。口数が少なく、必要以上のことはしゃべらない。

##

前の空家に家族が引っ越してきた。チョコレート菓子をもらう。嬉しい。
うちでは、挨拶回りのとき洗剤をお配りした。でもチョコレートのほうがいいなと思ったので、次の引っ越しのときはそうしよう。

##

追記 JAFメイト(5月21日に書いた)はなんと現在1304万8550部。発行部数は日本最大なのだそうだ。

2003.05.24

ナメクジ

朝食のとき、あきらが
「ナメクジってさぁ……」と言いかけて、考え込んでいる
この古家には、ナメクジがときどき出没して、私を涙目にさせるのだ。ナメクジのほかには、よく太ったミミズやダンゴ虫も出る。カタツムリは出ない。
しばらく黙っているので、ダンナと2人で話の続きを待ち構えていると、
「おみくじに、似ているね」
とぼそりと言ったので、「ぁうっ」となった。
どんなヌタヌタ気持ち悪い生き物を並べ挙げるのかと思ったらば、そう来たか。

##

同業Y子さんが、お嬢さんのミオちゃんを連れて来てくれた。
辻堂海浜公園に行き、乗り物に乗ったり、波に足をつけたりして遊ぶ。
張り切って、激安洋菓子チェーン店シャトレーゼにもご案内する。
「ほらね、こんなフルーツいっぱいのケーキが200円くらいからあるんです。こっちは3つで100円なんです。安いでしょ、でもおいしいんですよ」などなど自分の店のように、嬉しそうに自慢した。

##

あきらは、夜寝るときには、いつも手をつなぎたがる。
「一緒に夢の中、行こうね。手を離しちゃダメだよ。ぎゅっとつないでおくんだよ」
すごいくどき文句だなぁと単純な母親の私は喜ぶ。

2003.05.23

いい気分だ

仕事で東京へ。久しぶりにちゃんとした格好をすると、あきらが、「かちゃ(私のこと)、ほんとにほんとにかわいいね」と言ってくれる。子どもは素直でいいなぁっ。いい気分だ。
途中まで、ダンナと一緒に通勤電車に乗る。ダンナと一緒に通勤するなんて、これまた久しぶりである。

##

夕方、あきらを耳鼻科へ連れて行き、耳垢も取ってもらう。

2003.05.22

耳掃除

枝豆(17日目)

あきら、再び中耳炎のよう。木曜日はどこも耳鼻科がお休みなので、茅ヶ崎市内の救急病院に連れて行く。しかし、小児科の医師しかおらず、おまけに「耳垢がたまっていて、ようわからん」と言われる。親として、なんとも恥ずかしい思いをした。救急外来につき実費2000円なりを支払うも、特に収穫なし。耳掃除しておけばよかった。

2003.05.21

JAFメイトはすごい

久しぶりに快晴。布団を干し、布団カバーを洗う。

##

JAFメイトの6月号が届く。JAF会員に無料で配布されている月刊誌で、ご存知の方も多いと思う。
いつも思うことだが、この小冊子はどえらくレイアウトがうまい。今月も脱帽である(お手持ちの方はごらんいただきたいのだが、たとえばタイの渋滞事情を特集したページなど)。どこの編プロなんだろう。よほど、センスがいいデザイナーがいるんだろうな。表紙の写真もいい。よく考えれば、きっとそんじょの一般誌よりも読者が多いはずなので、クオリティが高いのも当然と言えるのだが。

2003.05.20

将来について

降ったり止んだり。

##

親ともなると、どうしても、子どもの将来に期待してしまう。あきらは、大人になったら消防士になりたいのだそうだ。おとといはギタリストにもなりたいと言っていた。どっちもいいネ、なんて楽しみにしていたのに、今日になって、「ボクは大人になったら豚になることにした」と宣言し、ぶひぶひ鼻を鳴らすもんで、どうにも失望を押さえることができなかった。

2003.05.19

野菜

終日雨。打ち合わせで渋谷へ。

##

庭の枝豆はぐんぐん伸びて、葉をつけはじめた。高校時代の友人たちでつくっているMLで話題にすると、そのなかの詳しい一人が、育て方を教えてくれる。
私は、「キュウリとトマトも作りたい。近所のスーパーで苗を売っていたので、買ってこようかと思っている」と返信する。キュウリは藤沢のI さん一家が昨夏つくっていた。割合と簡単に育てられて「スーパーで買うことがほとんどない」と言っていたのだ。
「キュウリよりはナスのほうが、(料理の)バリエーションがあるのでは?」と、やはりMLの一人が言うし、なるほどもっともなのだが、私はたくさん収穫してウハウハ気分になりたいから、やっぱりキュウリを植えることにする。消費するばかりの身では、たまには生産性のあることもしてみたい。

2003.05.18

今日もスーパー日和

今日もジャスコへ行く。

##

先週末、ダンナのノートPCが壊れた。
今週末、ダンナのデスクトップPCが壊れた。
だもんで、ダンナも壊れてしまった。

##

最近のあきら。
ユニクロでキッズ用のワンショルダーバックを執拗に欲しがったので買ってやった。そうしたら、涙型のそれをギターに見立てて、ジャカスカ弾くマネをしている。やんややんやと拍手をすると、片手をあげて「サンキュー、また会おうなー」と舌ったらずな声で言うので、面白がって、両親そろって、またやんややんやとはやしたてた。

2003.05.17

スーパー日和

ジャスコへ行く。ユニクロへも行く。

2003.05.16

クスリ訪ねて

夕方耳鼻科へ行き、(あきらの)クスリの処方箋をもらった。その足で調剤薬局へいくが、モーレツに混んでいたので、ちがう店へ。すると、今度は、指定されたクスリがないので、どこそこの店へいけ、という。で、地図をたよりに、どこそこの店へ行くと、今度は閉まっている。ほかにまわる。駐車場がない。さらにほかにまわる。やっぱり混んでいる。てな具合で、やっと手にいれたときには、すでに夜になっていた。ツカレタ。クスリをもらうだけで、3時間もかかっちまった。これなら、最初の店で待っていればよかった。こういうことって、けっこう多い。

2003.05.15

とりとめもないですが

終日雨。今朝はムクドリの声がしなかった。突然、家を失ってしまった親鳥たちは、この雨のなかどうしたかな、と思う。

##

庭にまいた枝豆の種が、かなりの数、芽を出した。

##

大阪・寝屋川に住むCが、あきらの服を送ってくれたので、お礼の電話する。Cは京都の喫茶店でアルバイトしていたときのウエイトレス仲間だ。当時でも激安の時給500円という金額で、2人とも相当年数、働いた。私についていえば、家庭教師よりもウエイトレスのほうが性に合っていたので……。体を使って稼いだほうが、なんだか胸を張ってお金をいただける気がする。

話はあちこちに及んだのだが、大阪・寝屋川が、日本一電磁波が強い地域であることを教えてもらう。そんなことにも、日本一があることに驚く。

Cも、来月から子ども2人を保育所に入れ、職探しをするのだそうだ。いい仕事が見つかればいいなぁ。

2003.05.14

シルバーパワー

ムクドリの巣の件。
市役所から紹介されたシルバー人材センターに相談すると、午後になって、日に焼けたおじさん(シルバーというので、よぼよぼのおじいさんか来るのかと思ったら、そうでもなかった)が一人やってきた。雨戸をとりはずして、おじさんとあきらと私の3人で戸袋の中をよくよく覗くと、灰色の羽のかたまりが1つ。足が突き出ている。死んだヒナらしい。動かない。私はすっかり動転して半泣きになる。「ヒィィィーン」「ホントに死んじゃっているのかな」「どうしよう、どうしたらいい?」「エーン」。鳥は苦手なのだ。特に、あの足! 中華料理屋さんで鳥の足を見ると、怖くて涙がにじむ。

私の様子を見て「こりゃあ、ダメだな」と感じたおじさんが、死んだヒナをテッシュの空き箱に入れ、箒と棒で中をかき出してくれた。出るわ出るわ、すごい。松の葉だの、藁だのが、ゴミ袋2/3くらいになった。ムクドリの勤勉さに驚く。クチバシだけで、よくまぁ、これだけ運んだね。中から、うずらの卵大のコバルト色の卵も2つ出てくる。おもちゃみたいな、小さなきれいな卵。横目でそっと覗く。あきらは、興味津々で、卵を手のひらに乗せたりしている。子どもって怖いもの知らずだ。私はもちろん触ることなんかできない。

おじさんが戸袋を掃除している間に、ヒナのお墓を掘ることにした。これなら私もできる。しかし、あきらのお砂場用シャベルで庭の隅に穴を掘っていると、当人が眉毛をハの字にしてやってきて、「卵割っちゃった」というので、今度はその場で卒倒しそうになった。「ヒーン」だの「ヒエー」だのを甲高くくり返し、ぴょんぴょん飛び跳ねている私に呆れたおじさんが、あきらに手を洗わせ、割れた卵のかけらを集めてくれた。

結局、墓穴を掘り、ヒナと割れた卵を埋め、土をかけるところまで、全部おじさんがやってくれた。あきらといっしょに手を合わせると、おじさんが、庭に咲いている花を手折り、こんもり盛った土の上にそっと挿した。


2003.05.13

若返り

ちょっと前に買った吉村昭。これを読むと、ぐぐぐっと、定年過ぎのおやじの、鼠色の気分になる。さすがベテランだ。小説世界に読者をいざなう技量はすごい、というべきなのだが、果たして幸せな読後かというと疑問。なんだか、ぼそぼそした気持ちになり、景気づけに武田百合子『犬が星みた』を読み始める。

##

午後より仕事の打ち合わせで東京へ行く予定になっていたのだが、あきらは中耳炎。快復しつつあるものの、まだ登園はできない。核家族で暮らしていると、子どもが病気のとき、いつも困る。埼玉で登録していたベビーシッター会社も、さすがに茅ヶ崎までは出張してこられないので、やむなくダンナが半休をとって相手をしてくれることになった。

「せっかく東京に行くのだから、ライブでも見て来い」と、ダンナが言うので、それに甘えて、仕事のあと久しぶりに下北沢のライブ会場へ。吉村昭化していた気持ちが40歳くらい若返った。12時近くにタクシーで帰宅。お殿様気分になる。


2003.05.12

耳鼻科をはしご

夜中に地震が2回あった。阪神大震災を経験している身でもあるので、すわ、とうとう関東大震災か、と身構えるが、それきりだった。もし大地震がやってきたら、この家はこなごなに壊れてしまうんだろう。そうしたら、ムクドリの巣のことで、悩むことももうない。

あきら夜中に耳痛。何回も寝返りをうってうなされている。ポンタール(痛み止め)をヨーグルトに混ぜて飲ませると、やっと寝つき、昼近くまでこんこんと眠っていた。当然のことながら、保育園はお休み。一体いつになったら、慣らし保育は終わるんだろうか。

某耳鼻科へ連れて行くが、医者が「わし、所詮やとわれじゃけん」と公言し気乗りしない様子で診察しているので腹がたち、別の医院に行く。こちらは、「サザンクリニック」という、これまたいかにも茅ヶ崎という名称で、だから、というわけでもないのだが、バス通りから目立つ場所にあるものの、なんとなく敬遠していた。きっと、サザンが好きで好きでしょうがない院長なのだろう……。サザンが悪いわけではないが、こうストレートにこられると、ちょっと面食らってしまうのだ。しかし、診察は良心的。どんな趣味志向をしていようと、きっちり生きて、仕事をして、役目を果たしていればよいのだ、と思う。

あきらが、おとといトイレに落とした鞄のことを、しきりに気にしてくれている。新しいやつを買え、と勧め、近所の雑貨屋さんまで手をひっぱっていく。2人であれこれ物色し、ビーズのついた藤色の籠を買った。

2003.05.11

母の日

横浜そごうのドラえもん展に行こうと思っていたのだが、3人とも具合が悪く、だらだら寝ているうちに夜になってしまった。巷では母の日のお祝い。このまま一日が終わってしまうのではあんまりだ、と訴えると、ダンナとあきらの2人がジャスコで花束とクッキーを買ってきてくれた。花を生けて、仕事机の上に飾る。

2003.05.10

ボクたちの巣をどうするの?

朝、ダンナが鳥の巣の戸袋を調べていると、目の前の電線に止まった2羽のムクドリが心配そうに、じぃーっと見つめていたんだそうだ。胸が痛くなるような話。「ごめんよぅ、でも困んだよ」と、ダンナは鳥に言い訳している。どうしたものかなぁ。

夕方、懐中電灯で戸袋の中をのぞきこんでみると、まだヒナはいないようだった。

夜、ダンナとあきらの3人でだらりと夜ドラ。箱根まで行く。箱根小湧園ファミリーマートで休憩したとき、便器の中に鞄を落とす! ぎゃお〜!!

2003.05.09

昨日見た夢より

不動産会社の人から、「山中に不時着した宇宙船」という物件を紹介される。

廃棄された宇宙船の中で生活するということらしい。宇宙船なので、何かのときには空に飛び立ち、自由に居を変えられるという。転勤族などに薦めているのだそうだが、問題は宇宙船という性質上、どうしても人里離れた場所にしか停泊(?)できないこと。車で最寄駅まで行き、それから電車で勤務先に向かう(ことになるようだ)。

その宇宙船は、現在山梨県塩山市山中に着陸している。ダンナの勤務先は横浜なので、「山梨かぁ……」とためらっていると、営業さんは「塩山ならば駅前の月ぎめ駐車場も数千円でありますし、それにマメに探せば、神奈川県丹沢のあたりにも着陸できる場所は見つかると思います」と言う。丹沢はハイキングコースがあるので、お子さんにはよい環境ですよ、とも言う。
あきらはインドア派なので、それはどうかな、と私は思う。それに初めて運転する宇宙船で、狙った場所に着陸できるか自信がない。まちがって、富士山に行っても困るし、街中に降りてしまっても困る。私は懐疑的なのだが、しかし、転勤のたびに引っ越しする必要がないのはいいな、とも思う。

宇宙船は広くて10数LDKはある。1家族だけで暮らすにはもったいない。親族で移り住むケースが多いのだそうだ。この地球上に、廃棄された宇宙船で暮らしている家族は思った以上にいるらしい。
すると、どこからか私たちの親戚と名乗る人たちが現れ、あれよあれよ、という間に、私たちも巻き込み、その宇宙船に引っ越しすることを決めてしまった。夢の中で再び引っ越し準備を始めるのだが、なかなか進まない親戚たちの荷造りも任されて、途方に暮れている、というところで目が醒めた。

##

あきら、風邪で保育園をお休みする。近所の小児科の老先生は、優しい魅力的なお人柄なのだが、手がぶるぶる震えているので、ちょっと心配になった。

2003.05.08

悩みがつきませぬ

古い家というのは、思いもかけない落とし穴があるもんだなぁ、と最近思う。
たとえば、ムクドリが2階の戸袋に巣をつくっていて雨戸が開かない! 奴らは、出たり入ったり、出たり入ったり、落ち着かないことこの上ないのだ。明け方からけたたましい騒動で起こされ、ノイローゼになりそう(やっぱり大宮八幡宮のおみくじの言うとおりだ)

大家さんに相談しても、「自分たちでなんとかしてくれ」という。
市役所に相談しても、「捕獲するための許可証が必要」という。

捕獲したいんではなくて、駆除したいの! 捕まえて育てる気はないの!! 

…と叫びそうになった。誰か助けて。

##

あきらはあきらで親を悩ませる。そもそも、男の子にしては女性的で、戦隊モノは嫌い。リボンやレース、かわいい小物やぬいぐるみを好む子なのだ。それも彼の個性と暖かく見守っているつもりなのだが、髪飾りをつけたまま保育園に行きたがるのはいかがなものか。服を買いにいっても、女の子のズボンやTシャツを欲しがる。どうか、ほほえましいレベルにとどめておいてほしい……。

2003.05.07

苦難

なんとかミシンの足踏み部分を見つけたので、ひたすらシーツを縫う。
裁縫はきらいだ。


2003.05.06

江ノ電に乗る

あきらはまだ慣らし保育。午前中で帰ってくるので、ほとんど仕事にならない。どうせ仕事にならないなら、と江ノ電に乗って、鎌倉まで行く。江ノ電沿線には、信じられないほど薄べったい家が、あやういバランスで建っていた。

鶴岡八幡宮でおみくじをひく。あきら、末吉。わたし、中吉。「めざましテレビ」で紹介されたという紫イモのソフトクリームを食べ、犬のイラストのついたスリッパを買った。

##

保育園で使うシーツ類を新しく縫わなくてはならない。これまでのやつとは微妙にサイズが違うので、使い物にならないのだ。シーツを縫わないことには、午後まで預かってもらえない。つまり仕事にならない!
ところが、ミシンを取り出すと、足踏み部分が見事になくなっているので愕然となる。ひょっとして、うず高く積み上げられたダンボールのどれかひとつに入っているのか?! 途方に暮れ、とりあえず今日はこのまま寝ることにした。

2003.05.05

連休最終日

昼間、藤沢のI さん一家がお寿司を買ってきてくれる。男性陣は昼ビール。あきらは同い年のUちゃんと遊べて楽しそうだ。そういえば、今日は子どもの日なのだった。

夕方から、あきらとダンナの3人で、だらりと海の方にドライブに行く。小1時間ほど海岸を走り、鎌倉を経由して帰宅。見慣れない夜景を前に、「なんだか遠くまできちゃったなぁ」と寄る辺なく思う。冗談みたいな美しい景色。

明日から仕事。伸びきったゴムのような気持ちをどうにかしなくては。

2003.05.04

連休2日目

ジャングル化していた庭を掃除する。巨大なウシガエル2匹、イモリにヤモリに、ナメクジにミミズに、よくわからないヌタヌタした生き物がいっぱいいた。何も感じないふりをして、ひたすら草木を抜く。栄養のなさそうなサクサクの土の上に、あきらが昨日買ってきた枝豆の種をまいた。彼のためにも、ちゃんと収穫できますように。

##

石田衣良の本を探しに茅ヶ崎の本屋に行く。しかし1冊もなかったので、吉村昭、湯本香樹実、川上弘美などを買う。あきらは、子ども用書籍の棚でピンク色の聴診器を見つけダンナに買ってもらいご満悦。さっそく、ダンナをおいしゃさんごっこの餌食にしている。くわばらくわばら

##

夜、TVで通販の番組をつけたら夏木ゆたかが出演していた。おお、なつかしい。『スターどっきりまる秘報告』以来か。カラ元気で番組を盛り上げている様子を見ていたら、なんだかせつなくなってきた。

2003.05.03

連休初日

ダンナ今日から3連休。貴重な男手だ。ムダなく動いてもらわねば。
片付けの合間に、家族揃って、自転車で5分ほどの距離にある海に行く。『GO』で、主人公が父親から「世界を見ろよ」と言われた海。インドア派の3人だが、無条件に気持ちいい。

##

藤沢のショッピングモールに行き、新居のあれやこれや、枝豆やトマトの種などを買った。

2003.05.02

おみくじ恐るべし

あきら早速中耳炎が再発する。近所の耳鼻科に行き、抗生物質をもらう。

##

マティスに松ヤニがつき、落ち込む。松林の中の駐車場なのだ。どうしよう。松ヤニがつくと取れないんだよね……。あわてて、車カバーを買うが、なんとも面倒。今日はあんまりいいことない。そういえば、この間引いたおみくじによると、「おもいもかけない禍に心塞ぐがうんぬん」とあった。やっぱり大宮八幡宮のおみくじはすごい。よく当たる。

##

石田衣良『うつくしい子ども』を読み終わる。

2003.05.01

初登園

あきら、初登園。泣かずにバイバイし、いそいそとおもちゃのほうに走っていく。彼にとっては4つ目の園。こんなことは初めて。1年半通った世田谷の園でも、毎朝別れ際では泣いていた。どうしたことか。連休明けに反動がこなければいいけれど。

昨日のNTT工事の件、再度、工事日を申し込む。連休明けの8日と言われ愕然とし、どうにかひとつ、なんとかどうぞ、ぺこぺこ、と頼み込み、明日2日に来てもらうことになった。

夜、あきらの前髪を切ってやると、今時めずらしい まことちゃんのようになってしまって、悪いことをした。

4月のしょうこを読む