目次に戻る


2003.02.28

うまくいかない日ってありますねぇ

銀行の用事や、買い物などを済ませてしまおうと、あちこちをはしごしたのだが、すべからく、うまく運ばない。しまいには、笑えるくらいです。そういう日ってあるなぁ、と早々に諦め、ガスコンロを掃除して、シーツを洗った。明日から雨の予報。

N.Y.のKがHPを見て、メールをくれた。時を同じくして、温湿度計と買ったらしい。向こうは、セントラルヒーティングによる乾燥がひどいらしく、平均湿度が25%らしい。コンタクトが落ちてしまいそう、とのこと。ちなみに、うちは75%ってところか。かなり、ウエッティです。どっちもどっちですなぁ。

ダンナ、飲み会。終電に間に合わず横浜で泊まり。

2003.02.27

負けたくない

花粉の季節になってきた。

私は花粉症なのだが、薬は飲まない主義。花粉ごときに負けたくない。気合で花粉を跳ね飛ばしてやるのだ。でも、私の志とは裏腹に、体は正直に反応するのが情けない。要するに、かゆかゆなんです〜。うぅ。目の奥も、喉の奥も、鼻の奥も、いちばんつらいのは、耳の奥。
耳掻きしてみるが、効果なし。

2003.02.26

とりたてて何もなし

Y先生の日。朝から気合を入れて早めに起きて、あきらを早めに保育園に連れて行き、どうにか11時に間に合う。

往路の車中にて、川上弘美著『神様』を読んでしまった。おもしろいので、読みきってしまうのが惜しく、ちびちび読んでいたのだが、とうとう……。何も読むものがない状態で、電車に乗らねばならないのはつらい。駅構内の売店で物色したところ、エロ小説に混じって、高村薫の『マークスの山』が並んでいたので買う。
漢字が激しく多い小説だ。全体的にページが黒っぽい(漢字が多いせいで)。

光が丘のダイエーで、野菜とイチゴを買う。
イチゴは、あきらの大好物。喜ぶ顔を想像すると、こっちもうれしくなる。

2003.02.25

温湿度計 

渋谷の編集部へ。都内は全体的に渋滞。帰りは、あきらの迎えに遅れそうだったので、高速を使った。練馬→所沢450円也。

ハンズで温湿度計を買ってきたところ、わが家は、不快指数がべらぼうに高いということが判明。「なんだか湿っぽい家だなぁ」と思っていたのだが、案の定……。鉄筋コンクリートの1階住居とは、こんなものなのか? 知らないほうがいいこともある……かも。
引っ越しへ向けて、一気に、テンションが上がる。

2003.02.24

タイミング悪い

昨日、洗車したばっかりなのに、雨! 

2003.02.23

横浜だらドラ

次の居住地を求め、横浜方面に、だらドラ。あざみ野近辺は、なんとなくハイソな感じ。東急ストアに寄ったところ、マクドナルドが改装中で、あきら大いに不機嫌になる。
次に、保土ヶ谷近辺へ。こっちは、ぐぐっと、田舎度が上がり、親近感が持てるが、物件は高し。
今、住んでいる新座や隣町の練馬のほうが、自分たちのテイストに近いなぁ、という結論になった。

帰り道、マティスを洗車。

2003.02.22

プチ同窓会

ゆびとま経由で、22年ぶりに小学校の同級生2人と会う。それぞれ5歳の男の子と女の子のママになっていて、年齢なりの老け方はしているものの、基本的な部分は変わっていないのが、驚きであった。たぶん、私も変わっていないんだろう、と思う。自分では、すごく大人になったつもりなんだけど。


2003.02.21

占い

バカ日記ばかりを書いているようでも、それなりに悩みが深く、今日は、思い切って「BIGLOBE」有料の占いコンテンツにすがることにした。

最近はやりの、「オモテ星座、ウラ星座占い」。1回300円也。でも、結果は当り障りのないものばかり。そんなこたぁ、自分でも知っとる。腹がたつ。300円返せといいたい。

次に、「0学占星術」というのを試してみようと思ったのだが、いろいろメニューがあって、目移りする。ああ、これも知りたい、これもあれも、とやっていると、合計3000円くらいしてしまいそうなので、ちょっと頭をクールダウンしようと思って、HPを書くことにした(つまりコレのことですね)

それにしても、人間にとって、「恋愛」と「金銭」というのは、一大テーマなのですねぇ。複合型では、「お目当ての彼は金運がある?」というメニューまで登場している。一回300円也。生まれた時点で、金持ちになるかならないか決まっているなんて、そんなことあるのか? これで、「金運なし」と判定されてしまったら、ふられちゃうのかなぁ。カワイソー。こんなことでいいのか? 日本男児は! 

2003.02.20

ポニーテール派

最近のあきらは、ももかちゃんのほかにも、好きな女の子ができたらしい。髪が長くてやさしいのだそうだ。お絵かき帳に、ポニーテールの女の子ばかり描いているので、ちょっと呆れる。ポニーテールは、男の子の永遠のあこがれなのかしらん。そういえば、知人のG氏は、30を過ぎた今もポニーテール派。

寝る前も、「○○ちゃん、明日も保育園来るかなぁ?」とうれしそう。「よかったねぇ、楽しそうで」。嫌味に聞こえたのか、とってつけたように、「かちゃも好き」だそうで、どうもありがとヨ。

2003.02.19

D-Pop争奪の日

今日も、送迎に2時間かけてY保育園に通園。

あきらと、ミスタードーナツに寄って帰る。
D-Pop(小さなドーナツが6個入っているやつ)を、2人で醜く奪い合う。なかでも一番好きなクリームドーナツを食べられてしまったので、やや憮然となる。


2003.02.18

入園辞退する

近所にあるD保育園の入園を辞退する。近い将来、また転園する可能性もないではないので、あきらに過度のストレスを与えなくないなぁ、という親心なのだ。
やっとやっと入れることになったD保育園。もったいないが、後悔はなかった。自分で言うのもナンだが、私は、いつだって潔いのだ。

天気が悪く、雪が降りそう。
余寒というには、寒すぎ!!

2003.02.17

引っ越し?

あきらの転園で悩む。近所のD保育園に、やっとやっと入園が許可されたばかりで、ダンナ異動になり、横浜勤務。通勤に、片道2時間かかる。下手すると、それ以上かも。
イサイズで部屋探し。あわせて、i-子育てネットで保育園探し。

藤沢の I さんより電話。ひとしきり相談する。

2003.02.16

日本語の話

雨で、暇。

勉強の足らない私には、ハテナ?と思う言葉がいくつもあって、そのことでダンナと話す。

たとえば、「えてして」の「えて」とは、「エテ公」の「エテ」と同義か? そもそも、「エテ公」の「エテ」とはなんぞや?
そして、「くだをまく」の「くだ」とは、「ホース」のことか? 「ホース」は、一体どこにあって、何のために使うのか? などなど。
(ほかにも、「これ、わかんネー」という言葉、募集チュー!)

本日のあきらは、なぜか気遣いの子に変身。うたた寝しているダンナに毛布をかけてやったり、頭をなでなでしてやったりしていた。

2003.02.15

とりたてて何もなし


午前中、ダンナとあきらは耳鼻科。
午後から、Y先生。ダンナとあきらの3人で、飯田橋の新しい教室へ伺う。途中、あきらにピアノを奪い取られ、レッスン中断。うぅぅ。なんということだ。貴重な1分1秒が、ムダに過ぎてしまった。

その後、上野でバイク用品を買う。バイク用品や、バイク店というのは、なんだか独特のノリがありますなぁ、いつも思うことだが。あきら、光輪ビルの独特の雰囲気に、大いにおびえる。

今日の東京は、なんだか道が混んでいた。約2時間半かかって帰宅。ダンナ、すでに花粉に苦しみ始める。


2003.02.14

バレンタイン。

確定申告を済ませ、あきらの医療費を申請する。

あきらと、ダンナのプレゼントを選びに、K's電気に行く。
ザウルスを買ってあげようかと思ったが、予算オーバーにつき断念。
代わりに電気毛布で安く済ませようとしたら、あきらに「だったは、それ、本当は欲しくないと思うヨ」とするどい突っ込みを入れられ、返品。結局、チョコレートのみをプレゼント。

2003.02.13

車窓の女

取材で千葉県へ。武蔵野線・京葉線・外房線を乗り継ぎ、ちょっとした小旅行であった。ぼーっと、車窓の風景を眺めながら向かう。

10〜20代は、ただ、景色を見るためだけに、ひとりでよくバスや電車に乗った。終点についたら、同じバスで、また戻る。その繰り返し。傍目にはかなりアンニュイに見えたのだろうなー、と今にして思う。私にとってはぜいたくなレジャーなのだが。

今日も、イスには座らず、ドアに寄りかかって、流れ去る橋や川や家々を眺めていた。頭の中で、何を考えているかというと、子どものことでも、仕事のことでも、人生のことでもなく、「大人用ハッピーセットについて」である。私は、昨日から、「おまけは、何がいいだろうか」とずーっと考えているのだ。
1つ思いついたのは、花の種。これは、けっこういいアイデアだと思うのだが、どうでしょ。

さてさて、
今日はダンナが早くあがって、あきらを迎えに行ってくれた。ファミレスで合流し、夕食を食べて、PC DEPOに寄り、パソコン雑誌を買う。あきらは、今日もファミレスで、おまけのミニカーをゲットし、大喜び。やっぱり、子どもがうらやましい。大人にもおまけを! ささやかな楽しみを!!

2003.02.12

大人用、ハッピーセットを提案します

風邪。あきらを、車で送迎する自信がないので、休ませたのだが、その選択は失敗だったとすぐにわかった。
絶え間ない遊んで遊んで攻撃で、ちっとも休めない。

マクドナルドで、ハッピーセットを買う。あきら、非常にうれしそう。子どもはいいなぁ、おまけがいっぱいあって。大人もハッピーになりたいよう。大人用にも、ハッピーセットほしい。原価30〜40円くらいの、女性向、男性向の景品をあれこれ考える。

2003.02.11

まったりした休日

一日、雨。ダンナ仕事。光が丘まで送迎する。

あきらと、近所の酪農家の牛を見にいく。
白と黒の牛さんは、牛乳をくれる。じゃあ、茶色い牛さんは?
と、問われ、本当のことを言うべきか悩み、けっきょく適当にごまかした。

リンパ腺が腫れて痛む。
明日は医者へ行こう。

2003.02.10

全力疾走の日

仕事で日比谷。新橋で下りるつもりが、『神様』を読んでいたら、面白さのあまりうっかり、乗り過ごしてしまい、気がつくと品川だった。大いに慌て、久しぶりに全力で走った。

帰りはあきらの迎えに間に合うよう、またまた全力で走る。

いつものように、志木駅前の、東武ホテルの出店でサブレをお土産に買う。

2003.02.09

未来

あきらが、「みらいってなあに?」と聞いてくる。どこかで耳にした歌詞の単語が気になるらしい。
続けて「かちゃもみらい欲しい?」「きら坊も、みらい持ってる?」とストレートにたずねてくる。
「あきらは未来の塊みたいなものだよ」、と答えると、「そうかぁ」、と神妙な顔でうなずいている。
私は、その質問に、ちょっとカンドーしていた。子どもとつきあうと、未来を分けてもらえるからいい。

車で、千駄ヶ谷・新宿方面へ。途中、乳牛を飼っている農家を見つけ、驚く。東京23区で酪農家がまだいたとは。


2003.02.08

入園許可

あきらとダンナの3人で、びっくりドンキー!にハンバーグを食べに行く。
おこさまランチを頼むと、おもちゃのミニカーをもらえるので、あきらはびっくりドンキー!が大好きなのだ。新入りのミニカーに、「実(みのる)」という名前をつける。平和な土曜日。

あきら、近所のD保育園に、4月1日付けで、やっとやっと入園許可される。歩いて3分ほどの距離。これまで通っているY保育園は、送迎に2時間かかっていた。この現状はおかしかったのだ。ガソリン代も減るし、これで仕事がしやすくなる。うれしい反面、あきらの交友関係が気がかり。

夜、梅ワイン。口あたりがよく、くいくい飲む。
そのまま、あきらとお相撲ごっこ。負けてあげないと泣いてしまうので、わざとらしく押し出されてやったりしていると、一気に酔いが回った。

2003.02.07

アクティブ?

J−WAVEのStarmanによる星占いでは、本日はアクティブに行動して吉!の日であった。で、志木駅前におしるこを食べに行く。

今日は、イワシのつみれ汁。イワシは西友で6コ520円で買った。高い!
でも、あきらと2人で、いっぱい試食してしまったので、買わないわけにもいかなかったのだ。ちなみにウインナ―も試食して、これも買った。まんまと策略にはまっている私。

大阪のM嬢からメール。ロシアには、ネコのサーカスがいると教えてくれた。「キーッ」「フーッ」「がりがり」「痛いーっ」、てな具合に、芸を仕込むとき、たいへんそうだニャー。

2003.02.06

そんな日もある

今日は、池袋に行った。いまいちな日であった。

こんな日は梅ワインを飲んで、早く寝ようと思う。

あきら、腹の調子悪し。


2003.02.05

アイメイクを教えてくれ

カボチャのカレーをつくる。我ながら絶品。

あきらを早めに迎えに行き、図書館に寄り道。絵本6冊、川上弘美さんの『神様』のほかに、『with』の2002年5月号を借りる。

なぜ、『with』なのか?
アイメイクが特集されていたからです。なにしろ、いとうせいこうになってしまったので、目元を化粧しないことには、格好がつかないのだ。
しかし、対象年齢がひとまわり以上違う雑誌。2色ページは、若い人たちの生態を伺い知ることができて、勉強になるス。

2003.02.04
書類の日

今日は、一日、確定申告用の書類を書く。
うすうすそうじゃないかと予感はしていたが、平成13年度よりも収入が減っていた。

還付される税金は増えるし、あきらの保育料は安くなるし、住民税も少ないしで、万万歳なのだが、果たして単純に喜んでいていいのか、ビミョー。良い面だけを見ようと思う。


2003.02.03

女いとうせいこう

保育園は節分の豆まきだったが、あきらは、いまいち体調悪く、休ませる。

昨日髪を切って以来、誰かに似ているなぁと思っていたのだが、いとうせいこうだと気がついた。
前髪がぱっつり切ってあるんですね。
モデルのはなちゃんを意識したのだが、なんで、はなちゃんではなく、いとうせいこうなのか。

夜、南南東を向き、家族3人無言で太巻きを食べ、豆まきをした。

2003.02.02

風邪の日曜日

『パークライフ』、あっという間に、読み終わる。とりたてて感想なし。あっという間に、読んだことすら忘れそうだ。

あきら、熱下がり始める。

千駄ヶ谷で髪を切る。誰かに似ているような……。

2003.02.01

あきら熱

晴れ。あきらが熱。近所の小児科に連れて行く。
女医のようこ先生は、桜田淳子風の美人で、声がよい。

芥川賞をとったという『パークライフ』を読み始める。タイトルから、てっきり住所不定の人たちの話なのかと思っていたら、そうではなかった。

1月のしょうこを読む